GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. 基幹IAサーバ PRIMEQUEST >
  6. FUJITSU Server PRIMEQUEST 1000シリーズ >
  7. PRIMEQUEST 1400S2 / 1400E2 / 1400L2 / 1800E2 / 1800L2 OSIV/XSP動作機構

PRIMEQUEST 1400S2 / 1400E2 / 1400L2 / 1800E2 / 1800L2 OSIV/XSP動作機構

PRIMEQUEST 1000シリーズは、2015年3月31日をもって販売を終了いたしました。

PRIMEQUEST 1000シリーズでは、OSIV/XSP動作機構の搭載により、「GS8000シリーズ」や「GS21シリーズ」、「PRIMEFORCE(プライムフォース)」などの富士通グローバルサーバの専用OSである「OSIV/XSP」と、同OSに対応した「AIM」などの各種ソフトウェアやアプリケーションがそのまま稼働します。

PRIMEQUEST 1000シリーズ上でグローバルサーバ資産を継承

OSIV/XSP動作機構

PRIMEQUEST上でOSIV/XSPシステムを稼働させる際に必要なハードウェア機構です。現行システムの各種プログラムを変更することなく、そのまま実行できます。
OSIV/XSP動作機構は、グローバルサーバの性能に応じたラインナップを用意しており、OSIV/XSPシステムが占有するシステムボード、CPU、メモリ、内蔵ディスク装置などのハードウェアをセット化し、「OSIV/XSP動作機構キット」としてご提供します。PRIMEQUEST 1400S2、1400E2、1800E2のほか、ロングライフモデルPRIMEQUEST 1400L2、1800L2にも搭載できます。

OSIV/XSP動作機構の役割

システムボードによるパーティション機能を活用し、PRIMEQUEST上でOSIV/XSPシステムとオープンシステム(Linux/Windows Server)を並行稼働させながら、お客様がこれまでに培ってきたOSIV/XSPベースの基幹アプリケーションや資産を、安全・確実に、低コストで継承することができます。
また、システムのオープン化に伴い、PRIMEQUEST上のOSIV/XSP資産が無くなった後は、OSIV/XSPシステムを稼働させていたCPUやメモリをオープンシステム向けに転用できるため、投資の最適化を図ることができます。

OSIV/XSPシステムとオープンシステムの並行稼働

「OSIV/XSP動作機構」のラインナップ

移行元のグローバルサーバのモデル(処理能力)や台数に応じて、多様な移行パターンをご提供します。

PRIMEQUEST 1400S2 OSIV/XSP動作機構キット

性能別に5種類(性能カバーレンジ4倍)の「OSIV/XSP動作機構キット」をラインナップしております。
最大2パーティションまで構築できるPRIMEQUEST 1400S2では、例えばOSIV/XSPシステム(1台のグローバルサーバ)とオープンシステムを、PRIMEQUEST1台に集約・統合できます。

PRIMEQUEST 1400E2/1400L2/1800E2/1800L2 OSIV/XSP動作機構キット

性能別に12種類(性能カバーレンジ24倍)の「OSIV/XSP動作機構キット」をラインナップしております。
同キットを複数個導入し、複数のOSIV/XSPシステム(複数台のグローバルサーバ)をPRIMEQUEST 1台に集約・統合する場合や、多数のオープンシステムとともにOSIV/XSPシステムをPRIMEQUEST 1台に集約・統合する場合などに適しています。

「OSIV/XSP動作機構」のラインナップ

グローバルサーバと同等の運用性

グローバルサーバシステムの高度な運用形態を、PRIMEQUEST上のOSIV/XSPシステムでも継続できます。

AVM/EXS

1台のグローバルサーバを最大4台の仮想マシン(VM)に分割し、それぞれのVMでOSIV/XSPシステムを構築・運用するためのソフトウェアです。
最大4つのOSIV/XSPシステムを構築した1台のグローバルサーバから、PRIMEQUEST上のXSPパーティションへ移行できます。

AVM/EXSを適用したグローバルサーバからの移行

Cタイプ動作機構オプション

グローバルサーバの内蔵磁気ディスク装置搭載モデル(Cタイプ)から移行する場合にご提供するハードウェア機構で、PRIMEQUEST 1400S2にのみ適用可能です。
本オプションを適用することで、オープンシステム用のディスク装置である「ETERNUS DX80 S2」を、 PRIMEQUEST 1400S2上のOSIV/XSPシステムから、グローバルサーバの内蔵磁気ディスク装置に相当する使い方ができます。
ETERNUS DX80 S2は、PRIMEQUEST 1400S2と同一のラックに搭載でき、省電力・省スペース化を図ることができます。

AROMA-Lite(アロマ ライト)

AROMA-Liteの導入により、グローバルサーバで標準的にサポートしている、I/O装置および空調などお客様設備の自動運転・電源制御・監視操作をPRIMEQUEST上のOSIV/XSPシステムでも行うことができます。
多くのグローバルサーバのお客様で利用されている専用装置もサポートしています。

  • 通信制御処理装置 INP2
  • チャネルリンク装置 SCL4
  • ディスプレイ装置
  • テープ装置
  • プリンタ装置

PRIMEQUESTのサーバ管理専用ユニットを活用し、各種コンソールを統合することもできます。

AROMA-LiteによるI/O装置、お客様設備との連携

サーバ管理専用ユニット MMB

PRIMEQUESTに標準で内蔵される、ハードウェアの構成管理や障害監視などを行うユニットです。
同ユニットに管理LAN経由で接続したPCで、オープンパーティションはもちろんのこと、XSPパーティション(OSIV/XSP動作機構を含むハードウェア、OS)(注1)も管理・監視できます。

PCによるコンソール統合


(注1)ソフトウェア(WSMGR V7.1以降、通信制御サービス V7.1以降)のインストールが必要です。

カタログ・技術資料

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)