GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 2014年 >
  4. リテールテックJAPAN 2014>
  5. リテールテックJAPAN 2014 レポート

リテールテックJAPAN 2014 レポート

2014年3月4日(火曜日)~7日(金曜日)の4日間、東京ビッグサイトにおいて、第30回流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2014」が開催されました。
本展示会は、量販店、スーパー、コンビニ、百貨店、卸売業などの流通小売業関係者を対象に、POSなどのレジ周辺機器、本部・店舗システム、EDI、モバイル、クラウドなど、流通・小売業のサプライチェーンとマーケティングを進化させるIT機器・システム、関連サービスを紹介する国内最大級の展示会です。
富士通グループブースでは、「shaping tomorrow with you」 ~小売業様のビジネス変革を支え、ともに流通の未来を創る~ をテーマに、ICT活用によるチェックアウト環境最適化事例と富士通グループの取り組みについて、新製品を交えてご紹介しました。今回も、富士通、富士通フロンテック、富士通エフ・アイ・ピー、富士通アイソテック、富士通コンポーネント、PFUというグループ会社が集結し、各コーナーでは業種ごとに幅広いソリューションを展示しました。
期間中は多くの皆様にご来場をいただき、誠にありがとうございました。

会場の東京ビッグサイト

富士通グループブースの様子

メインステージ

メインステージの様子

メインステージでは、「個客マーケティングの実現」に向けて、ECサイトや統合顧客DBなどのオムニチャネル基盤を構築し、品揃え・売場展開・販売促進へと展開する消費者行動分析や、最新技術「コンテキストスイッチ」による顧客接点強化についてご覧いただきました。
また、「ICT活用によるチェックアウト環境最適化」と題し、「お客様満足度」と「ローコスト・オペレーション」の共存を目的とした セルフペイメントシステムの導入事例をはじめ、チェックアウト環境最適化に向けたシミュレーション技術や、モバイルPOS・タブレット活用によるチェックアウト変革などの様々な店舗スタイルもご紹介しました。

各業種ゾーン

2人制レーンPOSや様々なチェックアウトバリエーション
お買い物を便利に楽しくするサービスをご紹介したオムニチャネルゾーン
WS-POSを活用したPOS製品の展示
BEAMS様の事例を交えて紹介したRFIDソリューション
FrontStoreとクラウド型マルチ決済システム J-Mups

量販店・店舗ゾーンでは、多様化する店舗スタイルに合わせた様々なチェックアウトバリエーションとして、「TeamStore/M」を搭載したフルサービスの2人制レーンPOSをはじめ、商品スキャンはチェッカー様、お会計はお客様自身で行う新しいチェックアウトスタイルのセルフペイメントシステム「TeamPoS/SP」や、モバイルレジ「Patio700 PoS」などの幅広いラインナップをご紹介しました。
先日のスーパーマーケット・トレードショーでも展示し、チャージからお支払いまで「手のひら静脈認証」だけで可能になる新しいチェックアウトスタイルは、今回も大変好評でした。また、1店舗から月額でPOSの利用が可能なクラウドサービス「TeamCloud/M」は、万一の災害時にも安心で、短期稼働を実現した株式会社サンプラザ様にも導入されています。

量販店・本部ゾーンでご紹介した基幹MDソリューション「Tomorrowchain」と自動発注ソリューション「BAサーバ」は、棚情報・販売数・客数などの需要を予測分析し、発注数を算出するという次世代の機能を備えています。滞留在庫など不良在庫のアラームリストも可視化できるため、販売や改廃促進支援を実現し、店舗・本部運用負荷を軽減します。

オムニチャネルゾーンでは、スマートフォンやタブレットを利用してお買い物を便利に楽しくする様々なサービスをご紹介。既にテレビショッピング大手のジャパネットたかた様で利用されているサービスは、通信販売番組のテレビ画面にスマホをかざすだけで、放送中の商品が簡単に購入できるスマートなお買い物スタイルの新提案です。この新しいテレビの楽しみ方に、富士通の技術が利用されています。

専門店ゾーンでは、業界に先駆けて製品化し2013年11月13日に発表した次世代POS規格「WS-POS」と、「TeamPoS7000 Aシリーズ」や「業務用タブレットセット」を連携した展示を行いました。
また、BEAMS様でも利用されているRFIDを利用した様々なソリューションもご紹介。RFIDとPOSシステム「TeamStore/S」を連携することで、商品をレジカウンターに置くだけで自動的に会計を行う事例や、入出荷検品・万引き防止・商品照会・棚卸など、業務効率化や店頭購買分析のような新しい店舗戦略に貢献するシステムをご提案しました。

パートナー様と協業し、中小規模物販店様/専門店細業種様向けに、魅力ある様々なソリューションをご紹介した専門店POSソリューションゾーンでは、オールインワンPOSシステム「FrontStore」と連携したクラウド型マルチ決済システム「J-Mups」を展示しました。この連携により、クレジットカード・電子マネー・銀聯カード・デビットカードなどの多彩な決済サービスをスピーディーかつ安価に導入できます。

その他にも、実際に手にとってお試しいただいたMultiPad V2Patio700などのモバイルハンディ製品、グローバルに対応した小売り向け統合パッケージ「RuiPOS」や外食産業向けSaaS型業務支援サービス「CloudStage F」などもご紹介。
富士通エフ・アイ・ピーからはSaaS型ポイントサービス「ValueFrontポイントサービス」のライトオン様事例、 富士通アイソテックからはAndroid/iOS対応サーマルプリンタのラインナップ、富士通コンポーネントからはスマートフォン・ タブレット対応サーマルプリンタや軽荷重タッチパネル、PFUからは情報KIOSK端末「MEDIASTAFF」による集客ソリューションや手のひら静脈認証との連携などを展示し、富士通グループが持つ数多くの製品群をご覧いただきました。

ご来場いただいた多くのお客様の熱意にお応えするために、当社はこれからも最新技術を活用した商品のご提案を続けてまいります。


当社では、本展示会でご紹介した製品以外にも、様々な製品やソリューション、サービスなどを紹介しています。
この機会にぜひご覧ください。

製品/ソリューション

関連リンク

お問い合わせ

当社へのお問い合わせはこちら
本製品に関するご質問やご相談、資料請求などをお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。