GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション >
  3. 機密情報保護&共有ソリューション

機密情報保護&共有ソリューション

概要

「FUJITSU Security Solution 機密情報保護&共有ソリューション」は、Microsoft Office文書の閲覧、印刷等の権限制限を実現する Active Directory® Rights Management Services(AD RMS)と連携して、機密文書の漏えいを防ぎながら、 安全かつスムーズな情報共有を実現いたします。

  • 電子ファイルの暗号化
    メールの添付ファイルなどにより、権限の無い第三者に電子ファイルが渡った場合でも、閲覧できません。
  • 電子ファイルへのきめ細やかな権限設定
    印刷、コピー、保存など、ファイルの利用制限を行うことで、機密ファイルの漏えいを防止します。
  • 操作履歴の特定
    アクセスした日時、ユーザー名、ファイル名、アクセス結果の特定により、セキュリティ事故の抑止、調査が可能です。
  • 簡単な操作性
    各フォルダにファイルを格納するだけで権限設定・暗号化が可能なので、特別な操作が必要ありません。

(注1):ファイルサーバ以外に、SharePoint® Serverでも対応可能です。
権限設定されたファイルは、自動的に暗号化されるので、社外に持ち出しても開くことができません。

注)社内にいる場合はパスワード等を入力せずにファイルを開くことができます。
ファイルに制限をかけることで権限のないユーザーは閲覧/複製/印刷などをすることができません。
管理者は権限設定ファイルのアクセス情報('誰が' 'いつ' '何を'等)を確認することができます。
権限設定されたフォルダに格納するだけでファイルへの権限設定が可能なため、特別な操作が必要ありません。

Rightspiaによる機能強化ポイント

AD RMSとRightspiaを連携させることで下記のポイントを強化します。

対応表
機能強化ポイント 情報共有基盤:
SharePoint
情報共有基盤:
ファイルサーバ
AD RMS AD RMS
+
Rightspia
AD RMS AD RMS
+
Rightspia
保護対象のファイル形式 Office文書 (補足1) 対応 対応 対応 対応
PDF文書 (補足2) 非対応 対応 非対応 対応
運用機能 ACL連携による権限の自動付与 非対応 対応 非対応 対応
監査ログ機能 アクセスしたファイル名の特定 非対応 対応 非対応 対応

(補足1):Word/Excel ®/PowerPoint ®
(補足2):Adobe ® Reader ®

  • Office文書に加え、PDF文書の保護も可能
    • Rightspiaなら、AD RMSと連携してOffice文書やPDF文書を保護。
    • Adobe®Reader® をそのまま使えるので、導入もスムーズです!
  • Microsoft® Office SharePoint® Serverに加え、ファイルサーバにも対応し、自動的にファイルの権限設定が可能
    • 権限設定済みのフォルダにファイルを格納するだけで、自動的に利用権限を設定。
    • ユーザの使い方は、今までと変わりません!
  • ファイルサーバやSharePoint ServerのACLを再利用し、利用権限の設定を効率化
    • 既存のファイルサーバやSharePoint Serverの権限設定情報を活用可能。
    • 導入をスムーズに行えます!
  • 監査ログの拡張
    • Rightspiaなら、ファイルの認証履歴を専用のログビューアから簡単に検索可能。
      ファイル名だけでなくアクセスユーザーや日時、IPアドレスなどで絞り込めて便利です!

ご参考

マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2011
  • マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2011受賞
    当社は、Windows Server、Windows Server ベースのアプリケーション、Microsoft サーバ インフラストラクチャーの構築・設計・導入・サポートにおいて、優れた専門性を持つパートナーとして、Server Platformコンピテンシーアワードを 受賞いたしました。
    当社は「Rightspia® for Secure Documents」 で、マイクロソフトのAD RMSのみでは実現できない PDFの保護や監査ログ強化など企業から要望が多い機能を独自に実装。マイクロソフトと連携したプロモーションにより、数多くのビジネスを推進したため表彰されました。
  • プレスリリース
    プレスリリースに掲載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

注)記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。


概要利用シーンサービス体系/価格システム構成/要件導入事例FAQ

GTM-KJ2442