GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 社長挨拶

社長挨拶

富士通グループの一員として、「デジタル革命」に積極果敢に挑戦する

代表取締役社長 濱場 正明

近年、ICTの高度化により社会は大きく変わりました。特に情報機器、ネットワークの進化はすさまじく、スマホ、クラウドなどが生活やビジネスに密着する時代をもたらしたと考えています。

この潮流は今なお加速しており、2020年にはIoTの普及によりネットワークに500億個の「モノ」がつながり、2045年には人類の知能を上回る究極のAIが誕生するシンギュラリティ(=技術的特異点)を迎えると言われています。まさに「デジタル革命」が進展し続けています。

当社の使命は、富士通グループの中で最もお客様の現場に近い企業として、社会システムの安心・安全を支え、何より社会に貢献することだと考えています。これからはデジタル革命の時代に対応し、豊かで夢のある未来の創造に向け、快適で安心して活用出来るICTインフラの構築・運用、サービスの提供に努めてまいりたいと思っています。

また、“No.1 Service Front Company”に向けた新たな宣言として、「support & innovate」というキーワードとともに、お客様を「支え」「変え」、そして「共に創る」ことを目指すという企業メッセージを発信しました。デジタル革命の牽引役として、当社自身が常に進化し続けることで、お客様の革新を加速し、一緒に成長出来ればと考える次第です。

私は、当社を、よりやりがい、働きがいのある会社とするとともに、富士通グループの一員として、デジタル革命に積極果敢に挑戦する会社にしたいと考えています。

常に現場起点で考え、行動することで“No.1 Service Front Company”を実現するとともに、さらなる飛躍を目指し、弛まぬ挑戦を続けてまいる所存です。

デジタル革命に向け、新たなステージに踏み出す富士通エフサスのこれからにご期待ください。

2017年4月1日
株式会社富士通エフサス
代表取締役社長 濱場 正明

GTM-KJ2442