Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. ワークスタイル変革 >
  4. 長時間残業抑止ソリューション(IDリンク・マネージャーⅡ)

長時間残業抑止ソリューション(IDリンク・マネージャーⅡ)

概要

昨今、労働基準監督署の抜き打ち検査によりサービス残業が発覚、不払残業代の是正指導が行われるケースが年1,000件以上、支払総額は100億以上となっています。
また、2010年4月に改正労働基準法が施行され、長時間残業に対する法定割増賃金率の引き上げが行われました。

このように、労使ともに課題となっている長時間残業・サービス残業をシステム的に対策することで、より良い労働環境を実現するのが、FUJITSU Business Application 長時間残業抑止ソリューション「FUJITSU Software IDリンク・マネージャーⅡ」です。

  • PC利用時間・業務内容を「見える化」。無駄な残業抑止が図れます
    残業が必要な際は、日々上司に申請。残業申請時間外のPC利用制限が可能
  • 個人個人で時間を意識した働き方、業務を効率的に進める意識が生まれます
    (ワークライフバランスの適正化)
    ポップアップメッセージによる定時退社促進
  • 導入効果は一目瞭然、短納期、低コストでの柔軟なシステム導入も可能です
    平均2割から3割の残業時間減、勤怠システム連携・組織変更へも対応

勤怠管理システムとパソコンログオン認証システムの連携イメージ

PC利用の抑止法


概要利用シーンシステム構成/動作環境FAQ

GTM-KJ2442