GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. バックアップ アーカイブストレージ >
  6. 仮想ドライブの多重化によりパス性能を有効に利用

仮想ドライブの多重化によりパス性能を有効に利用

テープライブラリは1パスに対してドライブ1台で最大性能となりますが、ETERNUS CSは1パスに複数の仮想テープドライブを構成することが可能なため、パス性能を最大限有効利用できます。
多重度の高い運用やドライブの排他処理が必要な運用でも並列に処理することができます。

仮想ドライブの多重化によりパス性能を有効に利用の図

動作環境

サポートバーチャルテープ ETERNUS CS

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS