GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. バックアップ アーカイブストレージ >
  6. データの分散配置でデータを確保 マルチライブラリ機能とトリプルセーブ機能

データの分散配置でデータを確保
マルチライブラリ機能とトリプルセーブ機能

マルチライブラリ機能は、バックエンドに2台の実テープライブラリを接続することができる機能です。トリプルセーブ機能は、デュアルセーブ機能に加え、3番目のデータを2台目のテープライブラリに複製する機能です。

マルチライブラリ機能

ETERNUS CSは通常、1台のバックエンドテープライブラリを使用しますが、マルチライブラリ機能を使うことで同時に2台のバックエンドテープライブラリに接続することができます。
このマルチライブラリ機能とデュアルセーブ機能を併用し論理ボリュームを2台のテープライブラリに保存されるよう設定することで物理ボリューム(LTOカートリッジテープ)の二重化を図る事ができます。この場合物理ボリュームのメディアエラーだけでなくテープライブラリのダウンに対しても冗長化を持たせることができます。

マルチライブラリ機能の図

トリプルセーブ機能

トリプルセーブ機能は、デュアルセーブ機能に加えて3番目のデータを別のライブラリに複製します。
論理ボリュームを1台のテープライブラリに2つ、2台目のテープライブラリ1つ。と、3つのデータを保存することができます。
遠隔地など、異なる場所にあるテープライブラリへのデータ確保等に有効です。

トリプルセーブ機能の図

効果

  • メディアエラーによるデータ損失の防止
  • バックエンドにテープライブラリを二重化することでマイグレーションおよびリコール動作の継続が可能
  • データの分散配置により万一の場合にも迅速なシステム復旧が可能

動作環境

マルチライブラリ機能 ETERNUS CS1000, ETERNUS CS2000
トリプルセーブ機能 ETERNUS CS2000

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS