GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. バックアップ アーカイブストレージ >
  6. テープボリュームキャッシュ内のデータを冗長化 キャッシュミラー機能

テープボリュームキャッシュ内のデータを冗長化
キャッシュミラー機能

キャッシュミラーは、装置内にある2台のTVC(Tape Volume Cache)間でデータを同期ミラーリングする機能です。

これにより、1台のTVCが故障した場合でももう片方のTVC上に同じデータが書き込まれているのでデータの損失を回避することができます。

キャッシュミラー機能の図

効果

  • TVCの不具合発生時でもデータを保証し、速やかなバックアップ運用の継続が可能です。

動作環境

サポートバーチャルテープ ETERNUS CS2000

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS