GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. 特集記事 >
  8. 徹底解説 >
  9. 高性能プロセッサ「SPARC64 XII」、「SPARC64 X+」、「SPARC64 X」

高性能プロセッサ「SPARC64 XII」、「SPARC64 X+」、「SPARC64 X」


関連製品:SPARC M10-1, M10-4, M10-4S
SPARC M12-1, M12-2, M12-2S


SPARC64™ XII(トゥエルブ)、SPARC64 X+(テンプラス)、SPARC64 X(テン)は、UNIXサーバに必要な高性能、高信頼性を兼ね備えた、富士通が開発するマルチコア・マルチスレッドのプロセッサです。従来の高速性、高信頼性技術を継承しつつ、マイクロアーキテクチャの強化やマルチコア化はもちろん、System on Chipや、Software on Chipなどの機能拡張により性能向上を実現しています。

SPARC64 XIIプロセッサ パッケージデザイン

SPARC64 XIIプロセッサ フロアプラン

SPARC64 X+プロセッサ パッケージデザイン

SPARC64 X+、SPARC64 Xプロセッサ フロアプラン

SPARC64プロセッサは、複数のコアを搭載し、マルチスレッドに対応しています。マルチスレッド方式には、SMT(Simultaneous Multithreading)を採用し、効率的にプロセッサを活用することができます。プロセッサ上には、大容量のキャッシュを搭載し、高速処理を実現しています。

プロセッサの概要
  SPARC64 XII SPARC64 X+ SPARC64 X
プロセス 20nm 28nm
周波数 3.2/3.9/4.25GHz 3.2/3.4/3.7GHz 2.8/3.0GHz
コア数
(1プロセッサあたり/最大)
最大12コア 16コア
スレッド数
(1プロセッサあたり/最大)
最大96スレッド
(1コアあたり8スレッド)
32スレッド
(1コアあたり2スレッド)
キャッシュメモリ容量
(最大)
1次 128KB、8way構成
(1コアあたり)
128KB、4way構成
(1コアあたり)
2次 512KB、16Way構成
(1コアあたり)
最大24MB、24way構成
(1プロセッサあたり)
3次 最大32MB
(1プロセッサあたり)
-
メモリバンド幅 最大 153.6GB/s 最大 102.4GB/s
I/Oバンド幅 64GB/s 32GB/s

※各プロセッサの仕様は搭載する本体により異なります。詳細は各モデルの仕様・諸元をご覧ください。

高性能を実現する高速化技術

マルチコア

複数のコアを1つのプロセッサに搭載することで、プロセッサの性能を強化する仕組みです。
SPARC64 XIIでは最大12コア。SPARC64 X+、SPARC64 Xでは、最大16コアを1つのプロセッサ上に搭載しており、性能向上を実現しています。

マルチスレッド

1つのコアで複数のスレッドを同時に処理できる技術です。ソフトウェアからは、各スレッドが複数のコアに見えるため、プロセッサを効率よく利用できます。

高速化を実現する新技術

その他にも、SPARC64プロセッサは従来の高速性、高信頼性技術を継承しつつ、様々な機能拡張を行っています。