GTM-MML4VXJ
Skip to main content

新プロセッサSPARC64 VII+搭載 SPARC Enterprise 性能強化

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種は SPARC Serversです。

進化を続けて、Next Stageへ。UNIXサーバ SPARC Enterprise M9000, M8000, M5000, M4000, M3000 刷新。

2010年12月2日

富士通とオラクル・コーポレーション(以下、オラクル社)は、SPARC Enterprise™の製品デザインおよび製品ロゴを統一し、全世界で販売いたします。

富士通とオラクル社のテクノロジを融合させたSPARC Enterpriseは、それぞれの製品デザインや製品ロゴで提供してきました。今回、両社によるSPARC Enterpriseの継続・強化の証として、シルバー筺体に両社のロゴマークを配した統一デザインに一新。同一ブランドでの継続的な提供により、今後もお客様に安心してご利用いただけます。

また、SPARC Enterprise M9000, M8000, M5000, M4000に、最大動作周波数3.0ギガヘルツ(以下、GHz)の新プロセッサ「SPARC64™ VII+」を搭載。これにより、従来製品の最大1.2倍の性能を達成しています。高性能とメインフレームクラスの高信頼技術により、ミッションクリティカルシステムとして幅広い業務に適用していただけます。
「SPARC64 VII+」は既存のSPARC EnterpriseへのCPU追加が可能です。既存のサーバ資産を有効活用しながら、システムの性能向上を実現できるため、お客様の投資保護に貢献します。

 | 富士通とオラクル社のアライアンス |性能向上 |投資保護 |

富士通とオラクル社のアライアンス強化

当社とオラクルは、20年以上にわたり協調関係を築いてきました。
SPARC EnterpriseとSolarisは、ハードウェア、OS、アプリケーションを含めたシステムの性能を最大限発揮するため、両社で共同で開発を行っています。
2010年9月に開催された「Oracle OpenWorld 2010」 で、両社はSPARC Enterpriseのロードマップを紹介しました。今後もSPARC/Solarisへの開発投資を継続・強化し、今後3年間で、15倍のシステム性能を目指します。

今後もお客様にSPARC Enterpriseを安心してお使いいただけるよう、両社はアライアンスを強化してまいります。

SPARC64 VII+搭載による性能向上

「SPARC64 VII+」は、動作周波数を最大3.0GHzに向上、2次キャッシュメモリを従来の2倍となる最大12MBに拡張しています。その結果、SPECint®_rate2006(整数演算性能ベンチマーク)で、SPARC64 VII搭載時の1.2倍、SPARC64 VI搭載時の2.4倍の高性能を達成しています。

「SPARC64 VII+」の性能を最大限に活かすため、SPARC Enterpriseと「Oracle Database 11g Release 2」の高速化技術「Database Smart Flash Cache」を組み合わせて、システム性能を向上させることができます。

お客様の投資保護を実現

「SPARC64 VII+」は、同一筐体および同一パーティション内で、SPARC64 VIIおよびSPARC64 VIとの混在搭載が可能です。特に同一パーティション内での混在搭載は、他社UNIXサーバでは実現できていない特長です。この優れた技術により、既に導入いただいているSPARC EnterpriseへのSPARC64 VII+の追加が実現できます。
既存サーバを有効活用しながら性能向上が可能となるため、将来を見据えた長期的な投資保護を実現できます。また、ハードウェアの長期的な利用により、グリーンITにも貢献します。

SPARC Enterpriseは、当社とオラクル社の強いパートナーシップのもと、最先端技術の追求により今後も進化を続け、お客様のビジネスの成長と投資保護に貢献してまいります。

富士通とオラクル、開発トップがSPARCの今後を語る

[ご紹介ビデオ] 進化を続ける、UNIXサーバ SPARC Enterprise

[米オラクル社トップメッセージ] Executive Vice President, John Fowler による SPARC64 VII+ 搭載 SPARC Enterprise ご紹介


[注記事項]

  • SPECint_rate2006の性能値および測定環境(2010年12月2日現在)
    • SPARC Enterprise M9000
      測定値(Peak): 3150
      測定環境:SPARC64 VII+(3.0GHz)× 64CPU(256コア)、Solaris 10、Oracle Solaris Studio 12.2
      (2010年12月2日時点で、本性能値はSPEC(The Standard Performance Evaluation Corporation)へのsubmitを完了しています。)
    • SPARC Enterprise M9000
      測定値(Peak): 2590
      測定環境: SPARC64 VII(2.88GHz)× 64CPU(256コア)、Solaris 10、Sun Studio 12 Update1
      (出典:SPEC(The Standard Performance Evaluation Corporation))
    • SPARC Enterprise M9000
      測定値(Peak): 1290
      測定環境: SPARC64 VI(2.4GHz)× 64CPU(128コア)、Solaris 10、Sun Studio 12
      (出典:SPEC(The Standard Performance Evaluation Corporation))
  • SPECint_rate2006
    SPECint_rate2006は、ハードウェア処理を総合的に評価するベンチマークテストにおいて、一定時間に処理可能な整数演算タスク数(スループット)を示す指標です。ベンチマークテストの詳細および最新情報は、SPECをご覧ください。
  • 掲載内容は発行日時点のものです。