GTM-MML4VXJ
Skip to main content

UltraSPARC T2 Plus搭載SPARC Enterprise最上位モデル登場

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。

No.1スループットコンピューティングを実現する4CPUモデル UNIXサーバ SPARC Enterprise T5440

2008年10月14日

富士通と米Sun Microsystems社(以下、米Sun社)は、高スループットプロセッサ「UltraSPARC T2 Plus」を搭載した「SPARC Enterprise T5440」の販売を開始いたします。

スループットコンピューティングの最上位モデルであるSPARC Enterprise T5440は、UltraSPARC T2 Plusを最大4CPU搭載可能です。そのため、4Uのコンパクトな筐体に、32コア/256スレッドのマルチスレッド環境を構築することができます。最大512GBメモリ、8PCIスロットをサポートしており、拡張性に優れています。

性能指標の一つであるSPECint®_rate2006では、従来製品「SPARC Enterprise T5240 」の約2倍の性能を達成。4CPUサーバで世界最高という圧倒的な性能を記録しています。また、同等性能の他社サーバと比較して、省電力や省スペースの点でも優位性を発揮します。

さらに、 SPARC Enterprise T5440は、先進的な仮想化機能であるLDoms(Logical Domains)やSolarisコンテナを標準サポートしています。圧倒的なスループットと柔軟な仮想化技術により、多くのWebサーバやアプリケーションサーバの統合を、追加コストなしに実現できます。

事業の成長や変化に伴い、サーバ台数が飛躍的に増加しています。その結果、運用管理の複雑化やIT機器の維持コスト、電力コストやスペースの問題が深刻化しています。スループットコンピューティングを極めたSPARC Enterprise T5440に、増えすぎたサーバを統合することで、これらの問題を解決します。加えて、 環境負荷低減によるCO2の排出量の削減を目指しているお客様に、最適なプラットフォームとして貢献いたします。

高いスケーラビリティ -CPU、メモリ、PCIスロットの拡張性を強化-

SPARC Enterprise T5440は、UltraSPARC T2 Plusのマルチプロセッサ対応により、最大4CPU/32コア/256スレッドのマルチスレッド環境を構築することができます。最大512GBメモリを搭載、PCI Expressを8スロット装備しており、スループットコンピューティングの最上位機として、高いスケーラビリティを提供します。

従来製品との比較
  SPARC Enterprise T5440 SPARC Enterprise T5240
プロセッサ数 最大4CPU 2CPU
コア数 最大32コア 最大16コア
スレッド数 最大256スレッド 最大128スレッド
メモリ(主記憶) 最大512GB 最大128GB
PCIスロット PCI Express:8スロット PCI Express:6スロット

圧倒的なスループット -SPECint_rate2006で実力発揮-

SPARC Enterprise T5440は、SPECint_rate2006で、従来製品「SPARC Enterprise T5240」約2倍の性能を達成。IBM System p 550やHP Integrity rx6600を凌駕し、4CPUサーバで世界最高性能という、圧倒的なスループットを提供しています。 注1

グリーンITへの貢献

他社機とのエコ比較

SPARC Enterprise T5440は、HP Integrity rx6600と比較して、約3倍の性能を提供(SPECint_rate2006)。加えて、約1/2の消費電力、約1/5の省スペースを実現したエコロジーサーバです。

同等性能での最大消費電力、スペース比較
  SPARC Enterprise T5440 HP Integrity rx6600
同等性能での台数 注2 1台 3台
最大消費電力 (W) 2629W 4899W (1633W x 3台)
スペース (U) 4U 21U (7Ux3台)

サーバ統合によるエコロジーへの貢献

SPARC Enterprise T5440は、先進的な仮想化技術であるLDoms(Logical Domains)とSolarisコンテナを標準サポートしており、追加コストなしに仮想環境を構築することができます。

LDomsは、ファームウェア層における仮想化機能です。1台のプラットフォームを複数の仮想ハードウェア環境(ドメイン)に分割します。それぞれ独立してOSを実行することができるため、信頼性の高いサーバ統合が可能となります。

Solarisコンテナは、ソフトウェアパーティショニング技術によりOSを仮想的に分割します。CPUやメモリなどのハードウェアリソースを柔軟に配分することができます。

これらの仮想化技術を活用することにより、お客様の業務の特性に応じ、信頼性と柔軟性を備えたサーバの統合を実現します。

複数のサーバを一台に集約することで、運用管理の効率化やソフトウェアライセンスの費用削減などのTCO削減が可能です。さらに、電力消費やサーバスペースなど、サーバ運用コストを大幅に低減することができます。

増え続けるサーバの運用・管理の複雑化や、占有スペースの増加などによるITコストの増大。SPARC Enterprise T5440は、高いスケーラビリティ、圧倒的なスループット、先進的な仮想化技術により、これらの深刻な問題の解決をご支援します。そして、他社をリードするこれらの特長は、スループットコンピューティングの可能性をますます広げていきます。

(注1)SPECint_rate2006の比較

[SPECint_rateの性能値および測定環境]

  • SPARC Enterprise T5440
    性能値(Peak):301
    測定環境:UltraSPARC T2 Plus(1.4GHz)×4CPU(32コア)、Solaris 10
  • SPARC Enterprise T5240
    性能値(Peak):157
    測定環境:UltraSPARC T2 Plus(1.4GHz)×2CPU(16コア)、Solaris 10 8/07
  • IBM System p 550
    性能値(Peak):212
    測定環境:POWER6(4.2GHz)×4CPU(8コア)、IBM AIX V6.1
  • HP Integrity rx6600
    性能(Peak):102
    測定環境:Dual-Core Intel Itanium 2 9050(1.6GHz)×4CPU(8コア)、HPUX11i

(注2)「SPECint_rate2006(Peak) の比較」をベースに算出。性能値については注1を参照

[SPECint_rate2006]
SPECint_rate2006は、ハードウェア処理を総合的に評価するベンチマークテストにおいて、一定時間に処理可能な整数演 算タスク数(スループット)を示す指標です。ベンチマークテストの詳細および最新情報は、 SPEC (http://www.spec.org/)をご覧ください。


[注記事項]

  • 掲載内容は発行日時点のものです。