GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Enterprise >
  7. ニュース&トピックス >
  8. 2008年 >
  9. 富士通/米Sun社 共同発表 - SPARC Enterprise T5440のご紹介 -

富士通トップ / 米Sun Microsystems社トップ メッセージ

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。

2008年10月14日

富士通と米Sun Microsystems社(以下、米Sun社)は、2008年10月13日に、高スループットプロセッサ 「UltraSPARC T2 Plus」を搭載したSPARC Enterprise T5440の共同発表を行いました。
当社 サーバシステム事業本部 本部長 豊木則行と、米Sun社 Executive Vice President, John Fowler により、本製品をご紹介します。

John Fowler:富士通と米Sun社は、20年以上にわたり、戦略的パートナーとしてSPARC/Solarisサーバの開発やマーケティングにおいて、協調してまいりました。本日は、両社の協力関係や、新サーバ SPARC Enterprise T5440をご紹介します。

豊木 則行:1年半前、UltraSPARC T1プロセッサを搭載したサーバ製品を共同で発表いたしました。そして、本日、市場動向に対応したSPARC Enterprise T5440を発表し、スループットコンピューティングのラインナップを拡充します。

John Fowler:スループットコンピューティングのビジネスは、今日10億ドル規模まで成長しています。他社製品を凌駕しながら性能向上を実現し、我々はお客様のビジネスに貢献してまいりました。

豊木 則行:スループットコンピューティング向けサーバは、多くのお客様にご利用いただいております。そして本日ご紹介しますSPARC Enterprise T5440は、わずか4Uの筐体内に32コア/256スレッドのマルチスレッド環境が構築でき、512GBのメモリ搭載を実現した、サーバ環境の統合に最適な製品となっております。従来のミッドレンジシステム並みの拡張性と信頼性に加え、スループットコンピューティング技術に基づいた卓越した性能とエコを実現します。

John Fowler:SPARC Enterprise T5440は、競合製品と比較して、圧倒的なスループットを実現しています。さらに、先進的な仮想化技術であるSolarisコンテナとLDomsを標準サポートしており、追加費用なしにサーバ統合が実現できます。CRM(Customer Relationship Management)などの多くのアプリケーションを、4Uの筐体内に統合することができます。 SPARC Enterprise T5440は、スペース・消費電力・発熱量の課題を抱えるお客様にとって最適な製品といえるでしょう。

豊木 則行:両社の継続的な技術革新と協力関係の成果として、SPARC Enterprise T5440をお客様に提供できることをうれしく思います。拡張性・信頼性・経済性を兼ね備えたSPARC Enterprise T5440は、データセンターの構築や拡大を目指すお客様にとって、最高のサーバとなるでしょう。

John Fowler:富士通と米Sun社は、"真のお客様価値"を追求し、お客様のビジネスを支える最適なサーバ環境をご提供してまいります。


[注記事項]

  • 掲載内容は発行日時点のものです。