GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Enterprise >
  7. ニュース&トピックス >
  8. 2007年>
  9. 米Sun社/富士通 共同記者会見でSPARC Enterpriseを披露 in ニューヨーク

米Sun社/富士通 共同記者会見でSPARC Enterpriseを披露 in ニューヨーク

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。

2007年5月8日

富士通と米Sun Microsystems社(以下、米Sun社)は、2007年4月17日23時(現地時間:同日10時)、グランドハイアットホテル(米国ニューヨーク)において、UNIXサーバSPARC Enterpriseの共同記者会見を行いました。

米Sun社と富士通が共同開発した新SPARC/Solarisサーバの発表ということで、記者会見には、30社を超える報道機関やアナリストが集まりました。日本の報道機関も参加しており、世界中が注目する会見となりました。

記者会見の様子

SPARC Enterpriseをワールドワイドに販売開始

最初にSPARC Enterpriseの共同開発に至った経緯、そして製品の概要について紹介いたしました。プレゼンテーションは、米Sun社 Executive Vice President, John Fowlerと当社 代表取締役 副社長 伊東 千秋 が共同で行いました。

右から、John Fowler(米Sun社)、伊東 千秋(富士通)

「米Sun社と富士通は20年にわたりSolaris市場拡大にむけて協業してまいりました。この度、共同開発したグローバルスタンダードUNIXサーバSPARC Enterpriseを、4月17日よりグローバルに販売を開始いたします。

SPARC Enterpriseは、常にUNIX市場をリードしてきた米Sun社のオープンテクノロジーと、富士通のメインフレーム技術の融合により誕生した、最強のSolarisサーバです。他社よりも素晴らしい信頼性、性能、パーティショニング機能を提供し、今日のインフラ要件に対応いたします。」

SPARC Enterpriseの高性能・高信頼・仮想化技術を紹介

次にSPARC Enterpriseの具体的な機能について、紹介いたしました。プレゼンテーションは、米Sun社 Vice President, Gary Beckと当社 経営執行役 諸星 俊男が共同で行いました。

右から、John Fowler、伊東 千秋、諸星 俊男(富士通)

「ハイエンドサーバとミッドレンジサーバには、富士通が開発した高性能・高信頼プロセッサ「SPARC64 VI」を搭載し、エントリーサーバにはSunが開発した高性能・省エネルギープロセッサ「UltraSPARC T1」を搭載しています。

SPARC Enterpriseでは、ハードウェアとソフトウェアの両方のパーティショニング機能を利用することができ、お客様の業務に合わせて選択することができます。

また、ハイエンド・ミッドレンジサーバは、メインフレームと同じ信頼性を実現したSPARC64 VIプロセッサをはじめ、メモリを二重化するメモリミラー、アドレスパス/データパスのECC保護などを装備。他社よりも優れた信頼性・可用性を提供いたします。

さらに、2階層SAP SDベンチマークテストで、HPを30%以上凌ぐ世界最高性能を達成(32コアクラス)するなど、高性能を実現しています。」

SPARC Enterpriseの発展に向けてまい進

会場には当社ブランドとSunブランドのSPARC Enterpriseを展示しておりました。SPARC Enterpriseを前に、両社の20年来続く強固な協調関係を再確認し、今後の発展に向けてまい進してまいります。

SPARC Enterpriseの発展を願い、
固く握手を交わすFowlerと伊東

記者会見に出席した富士通スタッフ

記者会見発表資料


[注記事項]

  • 掲載内容は発行日時点のものです。
  • SPARC Enterprise M8000の2階層SAP SDの結果は、同時アクセスユーザ数 7,300ユーザ、平均レスポンス時間 1.98秒、オーダー項目処理件数 2,194,000件/時、認証番号2007026。 測定環境は、 SPARC Enterprise M8000(16CPU、32コア、64スレッド、SPARC64 VI 2.4GHz、 L1キャッシュメモリ 256KB(コアあたり)、L2キャッシュメモリ 6MB (CPUあたり) 、主記憶 256GB)、Solaris 10 OS、Oracle 10gデータベース、SAP ERP 2005。
  • HP Integrity Superdomeの2階層SAP SDの結果は、同時アクセスユーザ数 5,600ユーザ、平均レスポンス時間 1.91秒、オーダー項目処理件数 1,692,000件/時、認証番号2006090。測定環境は、 HP Integrity Superdome (16CPU、32コア、64スレッド、Dual-Core Intel Itanium 2 1.6GHz、 L1キャッシュメモリ 32 KB(I) + 32 KB(D)、L2キャッシュメモリ2MB(I)+512KB(D)、主記憶 256GB)、Windows Server 2003 Datacenter Edition、SQL Server 2005、SAP ERP 2005。