GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Server PRIMEQUEST 2000シリーズ Windows Server情報

Windows Server OSを最大限に活用できるPRIMEQUEST

PRIMEQUEST 2000シリーズは、64ビットCPUであるインテル Xeon プロセッサーを最大8CPU/192コア搭載でき、豊富なミドルウェア製品やISV製品を利用できます。これまでのPRIMEQUESTのDNAを継承し、高い処理能力を必要とする大規模データベースやERPシステムを含んだ基幹業務システムに適しています。
また、PRIMEQUEST 2000シリーズはWindows Server 2019に対応し、Windows Server OSを選択されるお客様の期待に十分応えることができます。

 トピックス |  Why FUJITSU |  Why Windows on PRIMEQUEST |  Windowsソリューション |
 仮想化ソフトウェア Hyper-V |  Windows Admin Center |  サポート情報 |

トピックス

Windows Server 2019 サポート情報

2018年9月24日、マイクロソフト社はイベント”Microsoft Ignite”において、 「MicrosoftR Windows ServerR 2019(以降、Windows Server 2019)」を発表しました。 Windows Server 2019は、Windows Server 2016をベースに、4つの分野 (ハイブリッド、セキュリティ、アプリケーションプラットフォーム、HCI)の機能を中心に エンハンスされた新バージョンのWindows Server OSです。
FUJITSU Server PRIMEQUEST 2000シリーズは、Windows Server 2019をサポートします。サポート予定機種についてはこちらを参照ください。

Windows Server 2016 サポート情報

2016年9月26日、マイクロソフト社はMicrosoft Igniteにて、 「MicrosoftR Windows ServerR 2016(以降、Windows Server 2016)」を発表しました。
Windows Server 2016は、クラウド基盤としての機能を拡充させた 「Cloud-Ready」なOSと位置づけられた新バージョンのWindows Server OSです。 Windows Server 2012 R2同様、3つのクラウド (プライベート、パブリック、ホステッド)に対して、親和性に優れ、 統一されたユーザエクペリエンスを持った一貫性のあるプラットフォームです。

Windows Server 2016 への取り組み

マイクロソフト社よりMicrosoftR Windows ServerR 2016の評価ビルドである Technical Preview 2が2015年5月上旬に公開されました。 富士通では先行してPRIMEQUEST、PRIMERGY、およびETERNUSを用いた Windows Server 2016の評価を進めてきました。
以下のコンテンツで、各種先行評価を通して得た気づきやノウハウをご紹介しています。

Windows Server 2016 向け修正プログラム適用のお知らせ

PRIMEQUESTでWindows Server 2016 を導入するさいは、マイクロソフト社より公開されている最新の累積的な更新プログラムを適用してください。

Windows Server 2012 R2 向け修正プログラム
Windows Server 2012 R2 Update(KB2919355)適用についてのお知らせ

2014年4月8日マイクロソフト社より Windows Server 2012 R2向けに修正プログラム Windows Server 2012 R2 Update新規ウィンドウが開きます が公開されました。 これは、Windows Server 2012 R2 Update 公開日より前の修正を累積したものです。 Windows Server 2012 R2 Update 以降提供される修正プログラムを適用するには、 事前にこの Update を適用する必要があります。
なお、Windows Server 2012 R2 Update 以降の修正プログラムとして、 マイクロソフト社より8月( KB 2975719新規ウィンドウが開きます )および11月( KB 3000850新規ウィンドウが開きます )に累積の修正プログラムが提供されております。

Hyper-V仮想環境のサポート改善の取り組み

PRIMEQUESTでHyper-V仮想環境を利用したさい、 障害調査に必要なメモリダンプを迅速かつ効率的に採取する独自サポートツールを 提供しています。
以下のコンテンツでサポートツールについてご紹介します。

Why FUJITSU

マイクロソフトとの協業

マイクロソフトとのアライアンスやパートナーシップを通し、両社の関係を強化し続けています。

マイクロソフト製品への取組み

富士通はマイクロソフト製品の技術習得と研究を重ね、富士通IAサーバ PRIMEQUEST / PCサーバ PRIMERGYとの親和性を高めています。

ミッションクリティカルなシステムを支えるサポート体制

富士通とマイクロソフトによる共同サポートチームをマイクロソフト本社に配置し、ミッションクリティカル分野の問題に迅速に対応しています。

Why Windows on PRIMEQUEST

PRIMEQUESTをWindows Serverの最適なプラットフォームとするための取り組みを紹介します。

Windowsソリューション

基幹系システムを支えるPRIMEQUEST Windowsの適用分野を紹介します。

サーバ統合・集約

大規模データベース

ERPプラットフォーム

仮想化ソフトウェア Hyper-V

Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2016 / Windows Server 2019の標準機能として提供されている仮想化ソフトウェア「Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2016 / /Windows Server 2019 Hyper-V」についてご紹介します。

富士通の仮想化への取り組み。システムワイドな仮想化で運用性と可用性を向上 詳細はこちらから。

Windows Admin Center

マイクロソフト社から提供されたブラウザベースの管理ツール「Windows Admin Center」を紹介します。

サポート情報

  • PRIMEQUEST 2000 シリーズは Windows Server 2019 をサポートします。
  • PRIMEQUEST 2000 シリーズは Windows Server 2016 をサポートします。
  • PRIMEQUEST 2000シリーズはWindows Server 2012 R2をサポートします。
  • PRIMEQUEST 2400S2 Lite、2400S2、2400E2、2400L2、2800E2、2800L2、2400S Lite、2400S、2400E、2400L、2800E、2800LはWindows Server 2012をサポートします。
  • PRIMEQUEST 2400S Lite、2400S、2400E、2400L、2800E、2800LはWindows Server 2008 R2をサポートします。

カタログ・技術資料

  • Windowsガイド
  • Windowsマニュアル
    (注)Microsoftのサイトをご覧ください。

その他のOS・ソフトウェア

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)