GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Server PRIMEQUEST 2000シリーズ 機能・アーキテクチャー システム統合管理 ServerView Suite

ServerView Operations Managerによるハードウェア監視

ServerView Operations Manager(本体添付ソフトウェア)は、PRIMEQUEST 2000シリーズに標準添付のハードウェア監視ソフトウェアです。近年のサーバは、ハードディスクや電源ユニットなどが冗長化構成となっており、故障してもシステム停止にならず、故障を見逃しやすい傾向にあります。ServerView Operations Managerは、ハードウェアエラーを監視し故障を確実に検出し、システム管理者にビジュアルな画面表示で通知することでシステムの安定運用を支援し、保守効率の向上が図れます。また、既存システム環境で使用されている他の運用管理ソフトウェアと連携し、一元管理することが可能です。

  • システム管理者に通知することでシステムの安定運用を支援します
  • 障害予兆の監視、確実な障害検出(メモリ、ハードディスク等)
  • 障害箇所を特定表示(CPU、システムボード等)
  • サーバ温度や電源変動等の状況監視
  • OSハング時も自動的に再起動可能
  • SNMP(注1)準拠のため、他社製運用管理ソフトウェアとも連携可能

ServerView Operations Managerによる既存のシステム管理環境との連携

統合運用管理されている既存のシステム環境 (UNIX含む) と連携し、一元管理可能

ServerView Installation Manager (SVIM)

ServerView Installation Manager(本体添付ソフトウェア)は、PRIMEQUEST 2000シリーズの初期導入、再構築を支援する「セットアップ支援ツール」です。 導入作業の簡素化、推奨ドライバ、セキュリティパッチの確実なインストールの実施を支援することで安定稼動を実現します。

OSのインストール支援

  • OSインストールに必用なパラメーターを事前設定
  • OS/APLのCD/DVD交換だけでセットアップ完了
  • RAID構築の自動化
  • 同一構成のパーティションを複数インストールする場合、設定を流用可能
  • OSやServicePackなど必要なファイルをネットワーク上の別サーバに格納し、ネットワーク経由でOSインストール可能

運用開始支援

  • 「富士通ドライバ自動適用ツール」で、最新ドライバをダウンロード/インストール
  • サーバ運用に有効な添付ソフトウェアのインストールをガイド
  • OSの「緊急」レベルのホットフィックス、セキュリティパッチを自動適用


(注1) Simple Network Management Protocol。ネットワーク上に存在する管理対象の機器と、その管理を司る機器の間で、管理情報をやり取りするための通信プロトコル

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)