GTM-MML4VXJ
Skip to main content

開発技術者インタビュー

メインフレームに匹敵する高信頼性への挑戦「高信頼性へのこだわりがなくなったら、これはもうPRIMEQUESTとは呼べない。」

最新CPUの採用、1/3サイズへの小型化などさまざまな強化・改善項目を実現するための厳しい設計条件のもとで、PRIMEQUESTならではの高信頼性・高可用性を損なわずに、さらに仮想化機能やグリーンICT対応の強化を実現していく。その道のりは決して平坦なものではありませんでした。
PRIMEQUESTがPRIMEQUESTであるためにコンセプトを堅持しながらも、市場の変化に対応するべく、一層高くなった技術的ハードルをどう乗り越えていったのか。実際に開発に携わったエンジニアにインタビューを実施。開発のポイントやこだわり、PRIMEQUESTへの思いを取材しました。

第一章 ミッションクリティカルシステムのDNA

第二章 高信頼性へのあくなき探究

第三章 仮想化機能の強化とエコの見える化

第四章 エピソード「特長の実現を左右する攻防」/開発技術者のこだわり

インタビュー参加者

富士通株式会社 IAサーバ事業本部

課長 須江 智志統括役 小泉 徹実装担当 河野 一繁装置開発担当 西野 秀治評価担当 樋川 浩二システム仕様担当 石田 健祐

目次

次へarrow-double

PRIMEQUEST 選択の理由

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)