Skip to main content

Fujitsu

Japan

FUJITSU Integrated System Cloud Ready Blocks
Enterpriseモデル(ラックサーバタイプ) 2013年5月発表モデル

トップ コンセプト ラインナップ 特長 課題と解決策 導入事例

トップ コンセプト ラインナップ 特長 課題と解決策 導入事例

ストレージ:ETERNUS DX seriesの場合 (新規提供終了)
(VMware平日、ラックサーバ/DX100)(VMware24H、ラックサーバ/DX100)
(VMware平日、ラックサーバ/DX200)(VMware24H、ラックサーバ/DX200)

モデル名 Enterpriseモデル(ラックサーバタイプ)
規模(目安)(注1) ~800VM
業務サーバ CPU:インテル®Xeon®プロセッサー E5ファミリー
メモリ:64GB~320GB
内蔵ストレージ:SAS HDD 300GB x2[RAID1](注2)
業務サーバ搭載台数 2 ~ 30台
(1ラック最大搭載台数:10台)
管理サーバ 2台(業務サーバと兼用)
ストレージ
形態 外部ストレージ(FCoE)
容量(注3) ~約465TB
ネットワーク 外部接続 1GbE / 10GbE / 40GbE
内部 10GbE
仮想化ソフトウェア VMware vSphere®
仮想化管理ソフトウェア VMware® vCenter Server™
運用管理
ソフトウェア
仮想化基盤 FUJITSU Software ServerView Resource Orchestrator Express
または
FUJITSU Software TRIOLEクラウドミドルセットAセット
クラウド基盤 FUJITSU Software ServerView Resource Orchestrator Cloud Edition
または
FUJITSU Software TRIOLEクラウドミドルセットBセット
電源条件 電圧 AC200 V(注4)
相数 単相
周波数 50 Hz、60 Hz
使用環境 温度10~35℃、湿度20~80%(結露しないこと)
外観(ラック数)(注5) 最大3ラック

(注1) 記載のVM数は、1VMあたりCPU:1.3GHz/1コア、メモリ:4GB、HDD:100GBを割り当てた場合で算出した値です。

(注2) データ格納領域としては使用不可です。

(注3) 実効容量です。

(注4) オプションでAC100Vに変更可能です。

(注5) 当社標準ラック(42Uスタンダード)に搭載した場合です。
[ご参考]42Uスタンダードラック寸法(幅×奥行×高さ)1ラックあたり 700mm×1050mm×2000mmです。

ストレージ:ETERNUS NR1000F seriesの場合
(VMware 平日、ラックサーバ/NR1000F)(VMware 24H、ラックサーバ/NR1000F)

使い慣れたファイルサーバとの統合も可能なENTERNUS NR1000F採用モデル

PRIMEFLEX for Cloud CRB500 V1 (VMware, ラックサーバ/NR)は使い慣れたファイルサーバとの統合も可能なENTERNUS NR1000F採用モデルです。

製品仕様

仮想化ソフトウェア 規模 サーバタイプ ストレージ
VMware ~200VM ラックサーバ ETERNUS
NR1000F
モデル名 CRB500
サーバタイプ ラックサーバ
規模(目安)(注1) 1 ~200 VM
サーバ 機器 FUJITSU Server PRIMERGY RX2530 M1
CPU インテル® Xeon® プロセッサー E5ファミリー
メモリ 64 ~ 384GB
搭載台数 2 ~ 10台
(うち2台は管理サーバと兼用)
ストレージ 機器 FUJITSU Storage ETERNUS NR1000 F2552
接続方式 NAS(NFS)
容量(注2) ~約163.2TB
ネットワーク 機器 コンバージドファブリックスイッチ[CFX2000R]
サーバ収容スイッチ SR-Xシリーズ
外部接続 1GbE / 10GbE / 40GbE
内部 10GbE
仮想化ソフトウェア VMware vSphere®
仮想化管理ソフトウェア VMware® vCenter ServerTM
仮想化
ソフトウェア
仮想化
基盤
(選択) FUJITSU Software ServerView Resource Orchestrator Express
または
FUJITSU Software TRIOLEクラウドミドルセットAセット
クラウド
基盤
FUJITSU Software ServerView Resource Orchestrator Cloud Edition
または
FUJITSU Software TRIOLEクラウドミドルセットBセット
電源条件 AC200 V または AC100V / 単相 / 50 Hz、60 Hz
使用環境 温度10~35℃、湿度20~80%(結露しないこと)

(注1) 記載のVM数の上限値は、1VMあたり、CPU:1コア、メモリ:4GB、HDD:100GBを割り当てて算出した目安です。

(注2) データ格納領域としては使用不可です。

PRIMEFLEX for Cloudに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ
入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ
0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)