GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. 垂直統合型商品 >
  5. 垂直統合型 プライベートクラウド基盤

FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Cloud コンセプト

トップ コンセプト ラインナップ 特長 課題と解決策 導入事例

インタビュー3
垂直統合型 プライベートクラウド基盤

キーワード 運用負荷軽減/ICTリソースの効率利用

効率的かつ効果的にプライベートクラウドを実現

仮想化統合基盤の実現は、企業におけるICT資産の有効活用の促進につながります。しかし、物理・仮想環境が混在した環境の運用・管理および利用者のニーズへの対応など、システムの運用管理者にとっては、新たな負荷が生じるのも事実です。こうした運用管理の負荷を軽減する効果的な手段の1つがプライベートクラウドです。企業がプライベートクラウドを実現するうえでの課題とその解決策について、プラットフォーム技術本部 クラウドインフラセンター センター長 上田 健治と統合商品戦略本部 統合商品ビジネス推進統括部 統合商品企画部 部長 国近 慎一郎に話を聞きました。

仮想環境の運用プロセスで発生するさまざまな課題とその解決策

仮想化統合基盤の構築における課題には、どのようなものがあるのでしょうか。

上田:仮想化はここ数年で普及し、部門単位での仮想化導入から全社単位での仮想化統合基盤の構築へとステップアップする企業も年々増加しています。コスト削減、ITガバナンスの強化、業務部門へのサービス向上といった経営課題の解決に仮想化統合基盤の導入は非常に効果的です。

ただし、仮想サーバの作成・変更など、利用者のニーズに合わせて柔軟にリソースを提供できる一方、運用・管理の負荷はむしろ大きくなっています。多くの場合、仮想マシンの作成、払い出し、変更、状態の把握などに関して、作業ごとに担当者が別々であったり、各担当者に依存した作業が行われていたりと、時間と工数がかかってしまっているのです。

プラットフォーム技術本部
クラウドインフラセンター
センター長 上田 健治

仮想サーバの運用・管理負荷の増大を解決する方法をお聞かせください。

上田:効果的な解決策の1つと考えられているのが、プライベートクラウドです。プライベートクラウドは、仮想化技術をベースに、標準化、自動化、サービス化と、段階的に発展させることで、効率的なICTリソースの活用、運用プロセスの改善、新サービスの導入スピードアップなどを実現する技術のことです。

仮想化技術をベースに「標準化」「自動化」「サービス化」と段階的に発展させて実現するプライベートクラウド

「段階的に」プライベートクラウドを実現する場合、具体的にどのようなステップを踏むことになるのでしょうか。

上田:仮想化をベースとして、「標準化」「自動化」「サービス化」の3つのステップを踏みます。

「標準化」では、運用プロセスを標準化し、作業の属人化を排除して無駄を省き、運用工数を軽減します。さらに仮想マシンをテンプレート化することで、仮想マシンの設計や構築の工数を軽減します。

「自動化」では、仮想サーバの払い出し依頼への対応を自動化し、運用の効率化を図ります。これにより、仮想マシンが払い出されるまでの時間も短縮されるため、利用者の利便性も向上します。

「サービス化」とは、機能のセルフサービス化を図ることです。たとえば仮想マシンの起動/停止など、従来は管理者が実施してきた運用管理の一部を利用者自身が行うことで、利用者の利便性向上と管理者の負担軽減が図れます。

それでは、プライベートクラウドの導入は進んでいるのでしょうか。

上田:プライベートクラウドを導入する企業は増えてきていますが、未だ躊躇している企業が多いのも事実です。プライベートクラウドの導入が、企業が成長を続けていくうえで有効な手段であることは間違いないのですが、その実現にはいくつかのハードルが存在するのです。

プライベートクラウドを実現するにはどのような課題があるのでしょうか。

国近:よく挙げられるのが、最適なシステム構成や利用技術がわからないことと、設計・構築・検証に多くの工数がかかることです。

従来のICTインフラの構築とは異なる検討・考慮事項の存在が、プライベートクラウドの実現を難しくしているといえます。

そこで注目されているのが、垂直統合型商品です。ハードウェアとソフトウェアを最適な状態で組み合わせ、事前に検証の上、構築を行い、さらに運用ノウハウまでが組み込まれているという特長が、こうした課題の解決につながります。

統合商品戦略本部
統合商品ビジネス推進統括部
統合商品企画部
部長 国近 慎一郎

プライベートクラウド実現に向けた課題を解決する富士通の「PRIMEFLEX for Cloud」

富士通が提供する垂直統合型商品についてお聞かせください。

国近:当社の仮想化・プライベートクラウド基盤向け垂直統合型商品が「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Cloud(以下、PRIMEFLEX for Cloud)」です。

「PRIMEFLEX for Cloud」は、当社の豊富なシステムインテグレーション(SI)実績のもと、長年積み重ねてきたノウハウと最新技術を活かした富士通のベストプラクティスとして提供する商品です。基本設計・構築・基本設定済みのシステムとして納入し、ICTライフサイクル全般を支える最適な運用環境を実現します。お客様は、設計・検証済みのパターンから最適なものを選択するだけで、短期間で高品質なインフラ基盤を導入いただけます。

また、「PRIMEFLEX for Cloud」では、プライベートクラウド基盤における効率的な運用管理を可能にするために、リソースの見える化、仮想環境配備の進捗管理、サービス課金、直観的で使いやすいセルフサービスポータルなどの様々な機能を用意しています。

その他に「PRIMEFLEX for Cloud」の特長は何かありますか。

上田:仮想化基盤からプライベートクラウド基盤へのステップアップが可能な点が、もう1つの大きな特長です。まずは仮想化基盤として導入し、社内の様々な調整や準備が整った段階で、プライベートクラウド基盤へアップグレードすることが可能です。

富士通のベストプラクティスを凝縮した「PRIMEFLEX for Cloud」は、プライベートクラウド導入に向けた課題を解決し、効果的なプライベートクラウド基盤を実現することができます。

これにより、企業はICTインフラの維持・運営にかかるコストを低減し(モダナイゼーション)、さらに新たな価値の創出・変革(イノベーション)につながるシステムを比較的容易かつスピーディーに立ち上げられるようになります。企業のさらなる成長・発展に貢献できる商品が、富士通の「PRIMEFLEX for Cloud」といえます。

【カタログ・資料ダウンロード】製品カタログ・資料,導入事例カタログ

【デモンストレーション(無料)】実機を使用して仮想化の運用を体感

お問い合わせ

その他のインタビュー


PRIMEFLEX for Cloudに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ
入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ
0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)