GTM-MML4VXJ
Skip to main content

AR(Augmented Reality: 拡張現実) :Webインテグレーション コラム

「AR(Augmented Reality: 拡張現実)」とは、目の前にある現実空間に、デジタル情報を重ね合わせて表示する技術のことです。「AR」について、「Zoff Mirror」や「IKEAカタログ」などのAR活用事例を交えながら、富士通総研 田中 秀樹が解説します。

その場に合った有効な情報を提供するAR(拡張現実)とは

ARを使ったサービスが徐々に広まりつつあります。AR(Augmented Reality: 拡張現実)とは、目の前にある現実空間に、デジタル情報を重ね合わせて表示する技術のことです。似た言葉としてVR(Virtual Reality: 仮想現実)がありますが、これは現実空間に存在しないものをCGで作って表示する技術です。ニュースで取り上げられるような商品紹介やキャンペーンでの活用だけでなく、銀行のATM案内や点検・保守作業など日々の業務の中でも使われ始めました。

スマートフォン・タブレットと共に利用が進んだAR

ARの概念は1960年代からありました。当初はヘッドマウントディスプレイという専用の表示装置が必要で、研究者の限定的な利用に留まっていましたが、スマートフォンやタブレットの普及と共に、「セカイカメラ」などのアプリケーションが登場し、様々な分野で使われ始めました。

このようなデバイスを必要としない身近なところでもARは活用されています。テレビのサッカー中継で、フリーキックを蹴る時にゴールまでの距離が芝生に書かれているのを見たことがある人も多いと思います。当然のことながら、実際の芝生には距離は書かれているわけではなく、試合映像にリアルタイムでCGを重ね合わせたものです。

それでは企業における活用方法を見ていきましょう。

企業におけるAR活用事例

WebサイトでARを使った事例として有名なものとして、現在サービスは終了してしまいましたが、オンライン上でメガネ試着ができる「Zoff Mirror」がありました。これは、パソコンとWebカメラを使い、画面上に表示された輪郭に自分の顔の映像を合わせると、メガネが3Dで重ね合わせて表示されるようになっていました。

顔を左右に向ければ横のデザインも確認でき、まるで鏡に向かってメガネを試着しているような体験ができました。さらに、試着結果の画像をTwitterやFacebookで共有して友人の感想を聞ける工夫もありました。

世界で2億部以上が発行される「IKEAカタログ」では、2013年版からARを使っています。専用アプリをダウンロードしたスマートフォンやタブレットをカタログにかざすと、カタログに掲載しきれなかったカラーバリエーションや、拡張式テーブルの広げ方を示した動画などが表示されるようになっています。

2014年版ではARを活用した家具の配置シミュレーション機能が追加されました。家具を置きたい場所にカタログを置き、その場所にタブレットをかざすと、タブレット上に実際の部屋に置かれた商品の映像が映し出され、大まかなサイズ感や周囲にある家具とのバランスを確認することができます。カタログには掲載できなかった情報、紙媒体では実現できないサービスを提供することで、顧客の商品理解を手助けしています。

ARは消費者向けのサービスだけでなく、企業内でも活用が進んでいます。富士通では、冷却装置やボイラーなど工場設備の点検・保守作業にARを活用しています。専用マーカーが付いた配管などにタブレットかざすと、整備マニュアルや過去の修理履歴が表示され、情報を照合できるようになっており、このシステムを導入した結果、作業の効率化や復旧時間を6分の1に削減することができました。

タブレット端末でARを利用している写真

AR活用でその場にあった最適な情報提供が可能に

活用事例から分かるように、ARを使うと個別の状況に合わせて、適切な情報を重ね合わせることができます。商品は良さそうだけど自分の顔や部屋にマッチするのか、この装置は以前どんなトラブルがあったのか、などといった疑問に答える情報を提供し、スムーズにネットに誘導することで、商品購入や業務効率化に繋げることができます。

今後、メガネや時計などのかたちで身に付けるウェアラブルコンピュータが普及すれば、ARの活用シーンは更に広がる可能性があります。新しい技術を活用して、顧客体験を豊かにしたり業務を効率化する取り組みが、今後ますます増えていくでしょう。

(株式会社富士通総研 田中 秀樹)
株式会社富士通総研(FRI)

オムニチャネル

「オムニチャネル」とは、顧客との接点になっている全てのチャネルを融合させることです。「オムニチャネル」の意味や、他の顧客接点チャネルとの違いについて解説します。

ECサイト

「ECサイト」とは、Web上で商品やサービスを販売するサイトのことです。「ECサイト」の意味や基本について解説します。

BtoBのECサイト活用

「BtoBのECサイト」とは、法人向けのECサイトのことです。「BtoBのECサイト」の活用法について解説します。

スマートフォン・タブレット端末活用

スマートフォン・タブレット端末を活用することは、企業の顧客接点力の強化に効果的です。スマートフォン・タブレット端末の活用法やマルチデバイス対応について解説します。

ECサイト

富士通が提供するECサイト製品・サービスのご紹介です。ECフロントとバックエンド(フルフィルメント)まで含めた製品、また、SaaSやクラウド形態で提供するサービスなど、幅広いラインナップでECサイトに関するさまざまなご要望にお応えします。

Webインテグレーションに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)