GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ワークショップ

ワークショップ キービジュアル

ビジネスや社会の中核的なプロセスにデジタル技術を取り入れることで、人は、今までにない大きな革新をもたらす可能性をもっています。しかし「どこから手をつけたら良いか分からない」「やりたいことが具体的にイメージできていない」などの理由により、なかなか検討が進まないお客様も多いのではないでしょうか?
そうしたお客様の課題解決に向けた新しいアプローチ方法が「ワークショップ」です。

「デジタルマーケティング」というテーマで4つのメニューをご用意しています。

ビジョン共創ワークショップ

デジタル時代のマーケティング変革
~デジタルマーケティングによる顧客エクスペリエンス最大化~

デジタル時代のマーケティング変革のイメージ写真

顧客との接点やコミュニケーション方法が多様化した現在、チャネルをまたいで顧客に一貫した体験を提供し、カスタマーエクスペリエンス(CX)を高めることが重要です。そのためには、様々な接点データを収集して顧客を深く理解し、顧客の集客~獲得~育成プロセス全体を最適化するデジタルマーケティングの実践が必要不可欠です。本ワークショップでは、世の中の最新動向や富士通が実践の中で得たノウハウをご紹介しながら、お客様の課題やあるべき姿・取り組みの方向性を明らかにし、革新への一歩をご支援します。

ダウンロード

BtoBデジタルマーケティング
~「デジタル化」社内認識の共有と全体方針策定の支援~

デジタル時代のマーケティング変革のイメージ写真

近年、デジタルマーケティングに取り組むBtoB企業が増えてきました。ただ、取り組んでみたものの成果を挙げられない企業が多くあります。デジタルマーケティングは、ツールを導入すればすぐに成果が得られるものではありません。成果を挙げるためには、「デジタル化」の全体図を描いて社内で共有し、段階的に施策の試行錯誤を進めていくことが重要です。そこで、本ワークショップでは、他社の取り組みや業種によるデジタルマーケティングの違いをご紹介しながら、お客様企業のデジタルマーケティングの取り組みの方向性を明らかにし、戦略策定の第一歩をご支援いたします。

ダウンロード

実機体験ワークショップ

SNAPEC-EXを活用したオムニチャネル実践

デジタル時代のマーケティング変革のイメージ写真

オムニチャネルとは、顧客接点となるチャネルの数を増やすだけでなく、各チャネルが融合したシームレスなサービスや、各チャネルの特性を生かしたサービスを提供できるようにすることです。BtoCにおいてもBtoBにおいても考え方は同じであり、業種や業態、商材などお客様の特徴を生かすことがポイントです。
オムニチャネルへの対応について、ワークショップ形式のグループワークを通して目的を認識し、今後の施策検討につながる具体的なイメージをお持ち帰りいただきます。

ダウンロード

機械学習による分析・予測方法を実体験
~キュレーターが分析・予測ノウハウを直接伝授~

デジタル時代のマーケティング変革のイメージ写真

富士通のキュレーター(データサイエンティスト)と一緒にビッグデータ分析において鍵となる技術である「機械学習」を使ったグループワークを行い、実践的なビッグデータの活用が体験できます。実施にあたっては、身近なデータ・身近な対象で予測モデルを構築するため、「データ起点型の考え方」「探索型分析」についての理解や活用イメージを得られます。本ワークショップは非公開のプライベートメニュー(有償)となります。

ダウンロード

デジタルマーケティングソリューションに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)