GTM-MML4VXJ
Skip to main content

デジタルマーケティングソリューション 資料ダウンロード

デジタルマーケティングソリューション 資料ダウンロード

デジタルマーケティング体系 CX360 コンセプトカタログ

FUJITSU Digital Marketing Platform CX360

FUJITSU Digital Marketing Platform CX360

多種多様なデータを組織横断的に共有・活用するためのプラットフォームソリューションから、マーケティングのエキスパートによる人的支援までを網羅。一人ひとり異なる「個」を正確に捉え、個客に的確にヒットするリアルタイムアクションへとつなげることで、顧客体験価値の継続的な向上とビジネス競争力を強化。
「リアルタイム×パーソナライズ」でマーケティングを進化させる FUJITSU Digital Marketing Platform CX360 のコンセプトや特長、お客様のメリットをご紹介。

「FUJITSU Digital Marketing Platform CX360」 コンセプトカタログダウンロード

ホワイトペーパー

マーケティング担当者必見!!マーケティングオートメーションの導入を成功に導く秘訣とは?

『マーケティング担当者必見!!マーケティングオートメーションの導入を成功に導く秘訣とは?』ダウンロード

マーケティングオートメーション

最近、非常に多くのお問合せをいただくマーケティングオートメーション。その導入検討においてよくある課題や質問を3つの観点でまとめました。これから導入を検討されているお客様は、ぜひダウンロードください。

ポイント1 MA導入で失敗しないための導入費用の考え方

MA導入効果を最大化するため導入に必要なコストの種類や、予算超過を防ぐためのポイントをご紹介

「企業のデジタルマーケティングへの取り組みとデジタル化への意識に関する調査」 レポートダウンロード

ポイント2 MAの社内稟議を通すには

MA導入の社内稟議を通す際に検討すべきポイント、具体的なアウトプットイメージをご紹介

「企業のデジタルマーケティングへの取り組みとデジタル化への意識に関する調査」 レポートダウンロード

ポイント3 MA実行における課題と課題解決のためのポイント

MAを実行する上で発生する短期的/長期的な課題とそれぞれの課題を解決するためのポイントをご紹介

「企業のデジタルマーケティングへの取り組みとデジタル化への意識に関する調査」 レポートダウンロード

企業のデジタルマーケティングへの取り組みとデジタル化への意識に関する調査

企業のデジタルマーケティングへの取り組みとデジタル化への意識に関する調査

BtoB / BtoC調査レポートData Management Platformマーケティングオートメーション

企業のデジタルマーケティングへの取り組みが広がっている。マーケティングオートメーション(MA)やデータマネジメントプラットフォーム(DMP)の導入、さらには、デジタルマーケティングの専門部署を設置して、成果をあげている企業の成功事例がある。その一方で、デジタルマーケティングに取り組んでいるものの、成果をあげられていない企業も多い。その違いはどこからくるのか。企業のデジタルマーケティングへの取り組み状況や課題などを明らかにするアンケート調査を実施した。
調査結果から、企業のデジタル化に対する業種ごとの体感の差やデジタルマーケティングへの取り組みの違いが明らかになった。

調査テーマ:企業のデジタルマーケティングへの取り組みとデジタル化への意識に関する調査
調査実施:2016年9月
調査方法:郵送告知、Web回答
調査対象:売上高上位1万社のマーケティング担当
回収数:842社
調査分析:株式会社 富士通総研

  • デジタル化がもたらす企業やビジネスの変化
  • デジタル化による販売や営業活動における変化
  • デジタルマーケティングへの取り組み状況
  • デジタルマーケティングに取り組む目的
  • デジタルマーケティング手法・ツールの導入状況
  • デジタルマーケティングに取り組んでいない理由

「企業のデジタルマーケティングへの取り組みとデジタル化への意識に関する調査」 レポートダウンロード

一筋縄ではいかないパーソナルマーケティング多様化する消費者の“今”を捉える

一筋縄ではいかないパーソナルマーケティング多様化する消費者の“今”を捉える

BtoB / BtoCカスタマーエクスペリエンスパーソナライズCX360

デジタルマーケティングを実践する取り組みが広がっている。様々な業種・業態の企業が「多様化する消費者一人ひとりを捉えたパーソナルマーケティング」に投資し始めた。各社が注力するポイントは、顧客一人ひとりの状態の“リアルタイム”な把握と、顧客の属性や嗜好、状態に応じてアプローチを変える“パーソナライズ”の両立だ。多くの企業がこのゴールに向かう過程で様々な課題に直面し、その解決に取り組んでいる。デジタルマーケティングの最前線を追った。

  • ICTだけで不十分、右脳分野のマーケティングノウハウが求められる
  • マーケティング実践企業の悩みに応える三つの価値
  • 百戦練磨の専門家集団の力を結集
  • 社外プロフェッショナルの力も取り込む

「一筋縄ではいかないパーソナルマーケティング 多様化する消費者の“今”を捉える」 ダウンロード

顧客体験をリアルタイムとパーソナライズで最適化、先端技術の活用で競争優位を保つ

顧客体験をリアルタイムとパーソナライズで最適化、 先端技術の活用で競争優位を保つ

BtoB / BtoC戦略AICX360

企業のマーケティング部門は、自社の競争力向上を目指し、デジタルとアナログにとらわれない、あらゆる接点を活用した顧客体験の高度化に取り組んでいる。ここで企業が扱うデータの種類と容量が急増し、施策を展開するチャネルも多様化が進んでいる。しかし、デジタルマーケティングに関わる技術の進化は激しく、斬新だったはずのサービスがすぐに陳腐化してしまう。リアルタイムでパーソナライズした顧客体験を構築できたとしても、最新の技術を取り入れて絶えず強化を続けていかないと、ライバルとの競争優位を維持できなくなる恐れがある。企業がこの課題を解決するために必要な視点は何か、そしてどう取り組むべきなのか。デジタルマーケティングを取り巻く最先端の動きを追う。

  • 企業の各部門が顧客一人ひとりを認識できているか
  • クライアントからの意見を吸収、技術トレンドを基に機能を強化
  • BtoB企業からの相談に柔軟に応えられるコンサルティング強化
  • パーソナライズした顧客体験をマルケトのMAで自動化
  • DMP強化でスピード感を求める顧客に対応
  • 最適な分析モデルを部品化、提供形態に依存しない
  • ユーザーの行動ログを基にWebサイト改善を自動化する

『顧客体験をリアルタイムとパーソナライズで最適化、 先端技術の活用で競争優位を保つ』ダウンロード

「顧客中心の時代」を勝ち抜くために強化すべきはカスタマーエクスペリエンス

「顧客中心の時代」を勝ち抜くために強化すべきはカスタマーエクスペリエンス

BtoCカスタマーエクスペリエンスパーソナライズData Management Platform

デバイスや通信環境の変化によりインターネット環境がさらに身近になった昨今、豊かなデジタルライフを楽しむ消費者との「つながり」をさらに強化するため、企業は消費者一人ひとりが必要とする情報やサービスを、最適なタイミングで届けることが求められるようになった。多種多様なチャネル(接点)それぞれにおいて、消費者の体験価値を最大化させるためには、戦略的かつ全方位的なデータ活用が不可欠となる。これらを実現するため、富士通は常に最新技術と効率的なICT活用を提案してきた。

  • 快適なデジタルライフの普及が企業のマーケティングを変えた
  • パーソナライズの高度化を阻む、"顔の見えない"顧客層の出現
  • "顔の見えない顧客"を理解する「DMPソリューション」も登場
  • デジタルマーケティングとは継続的な事業拡大を実現するエンジン
  • 総合的にマーケティングを支援するケイパビリティ

『「顧客中心の時代」を勝ち抜くために強化すべきはカスタマーエクスペリエンス』 ダウンロード

「顧客を理解する」ためのデータ分析が、マーケティングの勝敗を左右する

「顧客を理解する」ためのデータ分析が、マーケティングの勝敗を左右する

BtoB戦略コンテンツマーケティングマーケティングオートメーション

人口減少などを背景に将来の国内市場の縮小が予想される中、多くの日本企業が新しい市場開拓や顧客獲得による事業成長の道を模索している。日本企業が激しいグローバル競争を生き抜くには、デジタル技術を活用してビジネスプロセスやビジネスモデルを変革することが不可欠だ。
とりわけデジタル活用の重要性が高いのがマーケティングである。企業はBtoC(企業対個人)にとどまらずBtoB(企業対企業)の事業においてもデジタルマーケティングに取り組む必要に迫られている。その成否を握るのは、顧客を理解するためのデータ分析と顧客の購入意欲を高めるためのコンテンツ提供にある。

  • 購買行動の変化が企業マーケティングのデジタル化を迫る
  • BtoBで立ち遅れた日本企業のデジタルマーケティング
  • 日本企業がデジタルマーケティングで成果を得るために必要なこと
  • ターゲット顧客を理解するために不可欠なのはデータ
  • コンテンツ作りにもデータ分析を応用

『「顧客を理解する」ためのデータ分析が、 マーケティングの勝敗を左右する』 ダウンロード

営業とマーケティングの現場を“デジタル武装”BtoBデジタルマーケティング手法とは?

営業とマーケティングの現場を“デジタル武装” BtoBデジタルマーケティング手法とは?

BtoB事例コンテンツマーケティングData Management Platform

デジタルマーケティングを成功に導くためには、データを基点に顧客を理解し、最適なアクションへとつなげる「データドリブン」の考え方が重要だ。技術の進化を受け、新たなビジネスが日々生まれる今、営業/マーケティングの現場も"デジタル武装"しなくてはならない。富士通が試行錯誤を通じて導き出した、データドリブンマーケティングで重要になる3つの手法を見ていく。

  • 顧客を「見える化」するデータ整備
  • デジタルとリアルの連携で設計するシナリオ
  • 顧客ニーズに沿ったソリューションテーマでの実践
  • データドリブンマーケティングの出発点

『営業とマーケティングの現場を“デジタル武装” BtoBデジタルマーケティング手法とは?』ダウンロード

分断されたDBが阻む「パーソナライズ」マーケティング部門の望みを叶えるICT基盤とは

分断されたDBが阻む「パーソナライズ」マーケティング部門の望みを叶えるICT基盤とは

BtoCデータ活用パーソナライズCX360

最新のデジタルマーケティングでは、顧客一人ひとりの情報を把握する“パーソナライズ”と、顧客の今の姿を知る“リアルタイム”の両立が強く求められている。しかし、ICTの視点で考えると、これを実現するのは容易ではない。既存の業務システムは顧客との接点(チャネル)ごとに個別に作られ、データが分断されている上に、リアルタイム性にも欠けるからだ。リアルタイムなパーソナライズを望むマーケティング部門の要求に応えるにはどうすればよいのか。解決策を探った。

  • 業務を妨げることなく顧客と業務のデータを統合
  • 悩ましい分析手法の確立、AIも駆使してリアルタイムに施策実行
  • ソーシャルからの流入数を最大300%増に

『分断されたDBが阻む「パーソナライズ」 マーケティング部門の望みを叶えるICT基盤とは』 ダウンロード

データ統合なくしてデジタルマーケティングは成功しない――事例に見る秘訣とは?

データ統合なくしてデジタルマーケティングは成功しない――事例に見る秘訣とは?

BtoB / BtoC事例データ統合Data Management Platform

生活者や顧客企業のニーズを可視化し、対象層ごとにきめ細かなマーケティングを行うデジタルツールが一般化してきた。効果を上げるためには、社内にある顧客データを統合し、属性や行動情報を一元化しておくことが前提条件となる。しかし、いざ実行しようとすると、既存システムとのつなぎこみや目的に沿ったカスタマイズなど多面的な取り組みが欠かせず、マーケティング担当者にとっては大きな課題だ。富士通が実際に関わったデータ統合の現場から、デジタルマーケティングを成功させるデータ統合のポイントを明らかにする。

  • マーケティングツールが威力を発揮しない理由
  • 「部門別」データ管理の壁を破れ
  • 「横串にしたデータ」から見込み客が見えてくる
  • マーケティング対象を自由自在に絞り込む
  • 膨大なデータを使いやすい形に加工する

「データ統合なくしてデジタルマーケティングは成功しない」 ダウンロード

「興味ベクトル」で顧客の興味関心を発掘、プライベートDMPを駆使したターゲティングで成果

「興味ベクトル」で顧客の興味関心を発掘、プライベートDMPを駆使したターゲティングで成果

BtoB事例データ統合Data Management Platform

デジタルマーケティングでは、顧客データを集積し、顧客それぞれの興味関心に基づいた施策を実践するステップが重要になっている。富士通は大量の顧客情報をこれまで培ったデータ処理技術で集約し、独自のプライベートDMP(Data Management Platform)を構築。ここに「興味ベクトル」と呼ぶ独自の手法を盛り込んで、効率的な顧客へのアプローチを展開している。これまでの富士通の顧客データ活用に至る経緯を振り返りながら、プライベートDMPの構築が可能にした、新たなビジネス展開を解説する。

  • 10年前から顧客データを活用する仕組みを整備
  • 大量の顧客データ解析に先端技術を導入
  • 「興味ベクトル」で特定の情報に反応する顧客を予測
  • プライベートDMPと興味ベクトルの活用で可能となる「先手を打った施策」
  • 進化する興味ベクトルの活用

『「興味ベクトル」で顧客の興味関心を発掘、プライベートDMPを駆使したターゲティングで成果』ダウンロード

デジタルマーケティングソリューション カタログ

マーケティング機能統合型Webコンテンツ管理システム Sitecore Experience Platform

マーケティング機能統合型Webコンテンツ管理システム Sitecore Experience Platform

世界50か国、32,000サイト以上で利用されているWebコンテンツ管理ソフトウェア。多機能かつ使いやすいコンテンツ管理とマーケティング機能を統合。
カスタマーエンゲージメントに最も重点をおいた Sitecore Experience Platform がデジタルマーケティングを実現する3つのキーワード、「マーケティングオートメーションを活用したサイト運営」、「会員制サイト構築」などの活用例をご紹介。

「マーケティング機能統合型Webコンテンツ管理システム Sitecore Experience Platform」 カタログダウンロード

ECサイト構築ソリューション SNAPEC-EX

ECサイト構築ソリューション SNAPEC-EX

効率的な「ECサイト運用」を可能とするフルフィルメントサービス、店舗・ECサイト・通販など複数のチャネルに対し個客ごとに最適なキャンペーンを実施する「プロモーション」、顧客分析やターゲットに応じたプロモーション施策を立案する「マーケティング」の3つのサービスを統合。
オムニチャネル時代のECビジネス拡大に貢献する SNAPEC-EX のソリューション体系や4つの特長、多様な業種・業態のECサイトに対応できる製品ラインナップ、業務テンプレートのほか、ネットスーパー、ギフトショッピング、メーカー直販サイトでの活用事例をご紹介。

「ECサイト構築ソリューション SNAPEC-EX」カタログダウンロード

デジタルマーケティングソリューションに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

138-BFF-042
GTM-PVRH9M