GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ソーシャルメディア活用 :Webインテグレーション コラム

ソーシャルメディアを活用することは、企業の顧客接点力の強化に効果的です。企業のソーシャルメディア活用法について、富士通総研 田中 秀樹が解説します。

企業のソーシャルメディア活用の必要条件と運営ポイント

Webサイトで顧客接点力を強化できるメディアとして、今一番注目されているのが、twitterやFacebookに代表されるソーシャルメディアです。トリプルメディアの中では、企業やブランドの”評判を得る”という意味で「アーンドメディア」と呼ばれています。

ソーシャルメディアの特長は、この”評判を得られる”ところです。企業が商品やブランドの情報を上手に発信すれば、テレビコマーシャルなどの広告メディアを使わなくても、ソーシャルメディア上でクチコミが広がり、認知向上や売上拡大といった成果を得ることができます。

このような特長があるのに、Facebook内にファンページ(企業公式ページ)を開設したが、単に話題になっただけで、期待していたような成果が得られなかったというケースが多くあります。当り前の話ですが、目的を明確にしないで取り組んでも成果を得ることはできません。

目的としては、ソーシャルメディアを理解するために取り組む、商品や企業に対する認知を広げる、売上など自社のビジネスに貢献する、といったことが挙げられます。目的を明確にした上で、メディアの特長に合わせたコミュニケーションプランを設計し、実施後も反応をウォッチし続ける、このようにPDCAを回すことがソーシャルメディア活用の必要条件です。

また、企業がソーシャルメディアに取り組むにあたっては運用体制も課題となります。メディアの特長と自社の考え方を理解した人を育てる体制を確立していくことが運営のポイントです。

企業のソーシャルメディア活用とPDCAの概要図

(株式会社富士通総研 田中 秀樹)
株式会社富士通総研(FRI)

ECサイト

「ECサイト」とは、Web上で商品やサービスを販売するサイトのことです。「ECサイト」の意味や基本について解説します。

スマートフォン・タブレット端末活用

スマートフォン・タブレット端末を活用することは、企業の顧客接点力の強化に効果的です。スマートフォン・タブレット端末の活用法やマルチデバイス対応について解説します。

ソーシャルメディア活用のポイントは“アジェンダ設定力” [株式会社富士通総研]

ソーシャルメディア活用のポイントについて解説します。

ソーシャルメディア活用

富士通が提供するソーシャルメディア活用製品・サービスのご紹介です。TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを運営する上でのお客様の課題解決に向け、ソーシャルメディア活用を支援する製品・サービスをご提供します。

マーケティング機能統合型 Web CMS Sitecore Experience Platform

マーケティング機能統合型 Web CMS Sitecore Experience Platformは、多機能かつ使いやすいコンテンツ管理とマーケティング機能を一元化し、カスタマーエンゲージメントに最も重点をおいた、拡張性の高いプラットフォームです。

Webインテグレーションに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)