GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. 業種/業務 >
  4. 自治体 >
  5. 手動式 非接触型ICカードリーダライタ

手動式 非接触型ICカードリーダライタ

手動式非接触型ICカードリーダライタ(以下、ICカードリーダライタといいます)は、電波通信によって住基カードの読み書きを行う装置です。

住基カード内のアンテナを使った電波通信を行うため、アンテナが断線したり、まわりに電波を吸収するもの(例えば、スチール製のテーブルなど)がある場合は、通信が不安定になり住基カードの読み書きができない場合があります。また、周囲30cm以内に別のICカードリーダライタが存在する場合、電波が混信し、通信が不安定になる場合もございます。複数のICカードリーダライタを設置する場合は、距離を離して設置してください。

本ICカードリーダライタは、「個人番号カードへの対応について」に記載のバージョンアップを実施することで、2016年1月から配布される個人番号カード(マイナンバーカード)に関する住民基本台帳ネットワークシステム(以下、住基ネットといいます)での業務に対応します。住基ネットでのご利用の場合は、ご対応頂きますようお願いします。

使用上の注意事項

手動式 非接触型ICカードリーダライタの写真
  • 使用する際には、必ずクレードルの上に本体を設置してください。
  • 金属の近くに設置すると、ICカードリーダライタが正しく動作しない場合があります。パソコンなどからは5㎝以上、スチール製テープルの場合は20㎝程度離して使ってください。
  • ICカードリーダライタは、パソコンのUSBポートと直接接続してください。USBハブを介する場合は、外部電源で動作するUSBハブを使ってください。

その他の注意事項は、取扱説明書をご覧ください。

個人番号カードへの対応について

住基ネットでの個人番号カードに関する業務にて、本手動式 非接触型ICカードリーダライタをご利用になる場合、ドライバーのバージョンアップが必要となります。ドライバのバージョンアップを行っていない場合に、個人番号カードを用いる業務にて正常に動作しない可能性があります。

バージョンアップは、「FC4510HT2 バージョンアップマニュアル」を参照して行ってください。
ドライババージョン : V5.14

バージョンアップに必要なファイルは以下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。なお、本バージョンアップを行う前に、最新版ドライバ・ファームウェアがインストールされている必要があります。最新版ドライバ・ファームかの確認方法は、上記マニュアルを参照願います。

手動式 非接触型 ICカードリーダライタドライバ・ファームウェアダウンロード (142 KB / ZIP)

個人番号カード対応版ドライバのダウンロード

住基カード向け最新版ドライバ・ファームウェアの提供

住基カード向け最新版ドライバ・ファームウェアは以下のボタンからダウンロードできます。
2014年4月1日以降に出荷されている添付品には、最新のドライバ・ファームウェアが添付されています。
ファームウェアバージョン : V1.20
ドライババージョン : V5.12

お手持ちの装置のドライバ・ファームウェアバージョンを確認する方法は、上記マニュアルに記載してあります。

ファームウェアの更新ファイルは以下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

手動式 非接触型 ICカードリーダライタドライバ・ファームウェアダウンロード (9.81MB / ZIP)

ドライバ・ファームウェアのダウンロード

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)