GTM-MML4VXJ
Skip to main content

臨床試験向け帳票作成システム tsClinical Report@Extra 機能・動作環境

臨床試験向け帳票作成システム tsClinical Report@Extraの主な機能や動作環境をご紹介します。

臨床試験向け帳票作成システム tsClinical Report@Extraの機能

出力項目の設定

  • データベース項目一覧から、項目を選択してSQL作成可能
  • SQL文は、抽出結果を確認しながら対話的に作成可能

帳票レイアウトのデザイン

  • 実データを用いたプレビューを参照しながら項目を配置
  • 既存のExcel/Word帳票を基に、同レイアウト情報の転用/流用可能

出力サポート機能

  • 前処理の追加や、バッチスクリプトをサポート
  • 出力時のパラメーター入力をサポート。出力結果の動的変更が可能

臨床試験向け帳票作成システム tsClinical Report@Extraの動作環境

サーバ

ハードウェア CPU Intel Pentium(Windows)3GHz以上推奨
メモリ 1GB以上推奨
ハードディスク 10GB以上推奨
OS Windows Server 2008以降
その他 Oracle 10g R2以降

クライアント

ハードウェア CPU Intel Pentium(Windows)1GHz以上推奨
メモリ 512MB以上推奨
ハードディスク 10GB以上推奨
OS Windows Vista SP2以降, Windows7 SP1以降
その他 Excel 2007以降(2010推奨)

関連情報

臨床試験向け帳票作成システム tsClinical Report@Extraの開発担当者の声

本ソリューションの特長や開発までの経緯など詳しい話を聞くことができます。

カタログ・資料のダウンロード

その他、細かい情報についてはカタログ・資料よりご確認ください。

ライフサイエンスソリューションに関するお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)