GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Interop Tokyo 2016 富士通の出展デモ一覧

本イベントは終了いたしました。多数のご来場ありがとうございました。

Interop Tokyo 2016に出展するデモンストレーションとご紹介する製品は以下のとおりです。

富士通のデジタルビジネスプラットフォーム「MetaArc」

デジタルビジネス革新を実現するクラウド基盤「K5」

logo-2016-award-interop.gif

お客様ビジネスのデジタル化を加速させるクラウドサービス「K5」をご紹介します。富士通で社内実践した運用/開発ノウハウとオープンテクノロジーをサービス化してご提供することで、新たなビジネスの容易な実現と基幹システムで必要とされる品質を両立させます。

関連ページ 関連資料
FUJITSU Cloud Service K5 デジタルビジネス革新を実現するクラウド基盤「K5」 (230 KB/A4, 1 page)

クラウドにおけるネットワーク運用管理

logo-2016-award-interop.gif

SDN/NFV技術により、ハイブリッドクラウドを支えるネットワークを運用・管理するソリューションをご紹介します。また、企業ネットワークから広域ネットワークまで、クラウドを支えるネットワークプラットフォームも展示します。

関連ページ 関連資料
FUJITSU Network 1FINITY series (FUJITSU JOURNAL)

ビジネスのデジタル革新を導くService Aware Network (500 KB/A4, 1 page)

仮想ネットワーク機能のオンデマンド提供でスモールスタートを実現 (384 KB/A4, 1 page)

クラウドから拠点までの企業内ネットワークを可視化し、運用管理の負荷を軽減 (634 KB/A4, 1 page)

FUJITSU Network Virtuora series
FUJITSU Network VELCOUN-X
FUJITSU Network Si-R G200
FUJITSU Network IPCOM series

サイバー攻撃検知と遮断連携による自動防御

標的型サイバー攻撃の検知製品と遮断製品を連携させることにより、簡単で素早いセキュリティ対策を実現するソリューションをご紹介します。

関連ページ 関連資料
IPCOM EXシリーズ サイバー攻撃検知と遮断連携による自動防御 (476 KB/A4, 1 page)
iNetSec Intra Wall

IoTプラットフォームによるスマートなセンサーデータ活用

logo-2016-award-interop.gif

ダイナミックに変化するセンシング環境にあわせて、データのエッジ処理とクラウド処理を柔軟に制御し、効率的かつ安定的な運用を実現するプラットフォームをご紹介します。

関連ページ 関連資料
FUJITSU Cloud Service IoT Platform IoTプラットフォームによるスマートなセンサーデータ活用 (505 KB/A4, 1 page)

機械学習を用いたビッグデータからの予兆監視ソリューション

logo-2016-award-interop.gif

設備装置のセンシングデータやシステムの稼動データをビッグデータとして機械学習・分析することで、故障や潜在的問題をリアルタイムに検知し、トラブル発生を事前に防ぐ「未然防止」を実現するソリューションです。

関連ページ 関連資料
当社が培ったAI技術を「Human Centric AI Zinrai」として体系化 (プレスリリース) 機械学習によるビッグデータの状態変化検知(アノマリー検知)と予兆監視ソリューション (632 KB/A4, 1 page)
5,000万件を超える大規模データから機械学習により数時間で予測モデルを生成する技術を開発 (プレスリリース)

デジタル革新の姿

IoT活用による工場全体の最適化

工場のさまざまなデータを組み合せて見せる化・分析することにより、最適な工場マネジメントを実践する活用例をご紹介します。 また、各種デバイスとの連携やAI・予知予測技術の活用例も併せてご紹介します。

関連ページ 関連資料
FUJITSU Intelligent Dashboard IoT活用による工場全体の最適化 (228 KB/A4, 1 page)

現場のデジタル化を加速するIoTフロント「ユビキタスウェア」

「ユビキタスウェア」は、人や物の行動、状態を高精度に検出するセンサーアルゴリズムが搭載されています。「ユビキタスウェア」の活用例として、作業員の熱ストレス/転倒を遠隔で把握したり、高精度な屋内測位システムで作業員の位置を簡単かつ正確に把握する様子をデモでご紹介します。

関連ページ 関連資料
FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE(バイタルセンシングバンド、ロケーションバッジ/タグ、リモートケアベース)

FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE (524 KB/A4, 1 page)

作業員の状態、状況、場所を遠隔で把握し現場の見える化を実現 (668 KB/A4, 1 page)

被災地の経験を活かした安心安全の実現

被災地の経験を活かして、継続的に成長し続けるクラウド型防災情報システムです。機能の追加・改善、利用者の増加など、災害発生時に直面する課題を即座に解決し、安心安全な社会の実現に貢献します。

関連ページ 関連資料
FUJITSU Public Sector Solution 防災情報システム 被災地の経験を活かした安心安全の実現 (462 KB/A4, 1 page)

お手軽にIoTを活用!こんな「モノまで監視」

IoTによって様々なモノがネットワークに繋がろうとしています。IoTネットワークにモノを繋ぐときの課題解決や繋がったあとの運用・保守作業の効率化を提案・ご紹介します。

関連ページ 関連資料
センサーネットワークIoTプラットフォームの提供開始~QNET SensorNetwork IoT Platform~ (プレスリリース)

@Drive/Cabinet アットマークドライブ/キャビネット (1.45 MB /A4, 2 pages)

Next Stream Topology Visualizer (3.95 MB /A4, 2 pages)

Next Stream Protocol Emulator for Virtualization (NXS-PE/V) (1.88 MB /A4, 2 pages)

Next Stream Packet Generator for Virtualization (NXS-PG/V) (1.84 MB /A4, 2 pages)

モノに情報を付与できるLED照明技術

logo-2016-award-interop_s.gif

店舗の商品や看板など、ネットワークに接続されていないモノにLED照明を当てるだけでデジタル情報を結びつけることができる技術です。スマートデバイスのカメラでモノを写すだけで結び付けられた情報を簡単に取得することができます。

関連ページ 関連資料
FlowSign Light (FUJITSU JOURNAL) モノと情報をつなげるLED照明技術 (707 KB/A4, 2 pages)

ロボット・フューチャー・ビジョン (6月6日 情報追加)

近い将来、様々な生活空間で人を支援するロボット「メディエータ」が存在しています。

メディエータにより、人々の生活がどの様に豊かになるのかを「フューチャームービー」でご紹介します。

人工知能を活用した業務指向の自然文対話技術 (6月6日 情報追加)

カスタマーセンターやチケット販売などの問い合わせ窓口業務において、人工知能技術により、ユーザーとの自然な対話を実現する知的なインターフェース技術を紹介します。旅行プランの提案を想定し、旅先の観光情報や天候などの幅広い話題を取り入れながら、商品提案に必要な情報を取得するデモをご覧いただきます。

関連ページ 関連資料
AIを活用した業務指向の対話技術を開発 日本語での顧客窓口業務を支援する対話システムを短期間で構築可能に(プレスリリース) 人工知能を活用した業務指向の対話技術 (304 KB/A4, 1 page)

お問い合わせ

Interop Tokyo 2016 富士通の展示デモおよび、資料のダウンロードに関するお問い合わせは下記窓口までご連絡ください。

138-BFF-042