GTM-MML4VXJ
Skip to main content

IPアクセスルータ Si-Rシリーズ
アップデートモジュール インストールの詳細手順

ファームウェアの更新(インストール)


1. ファームウェア更新対象のSi-Rと解凍したファイルがあるパソコンがLAN接続可能となっているのを確認します。
更新対象のSi-RにIPアドレスが設定されているか不明な場合あるいは、ご購入時の状態の場合は、IPアドレスを確認し、必要に応じてIPアドレスを設定してください。
Si-Rとパソコン (FTPクライアント) をLANで接続します。パソコンには、Si-Rと同じネットワークのIPアドレスを設定してください。
ここでは、Si-RのIPアドレスを「192.168.1.1」とします。


2. パソコンでコマンドプロンプトを開き、ダウンロードファイルを解凍したフォルダに移動します。

C:¥> d:
D:¥> cd sir


3. ftpコマンドを起動し、Si-Rと接続します。
ftpコマンドを起動する前に、Si-Rにコンソール接続、telnet接続あるいはブラウザから接続している場合は、必ず接続を終了してください。

D:¥sir> ftp 192.168.1.1  ←接続するSi-RのIPアドレスを入力する。
Connected to 192.168.1.1
220 Si-R570 V30.00 FTP server(config1)ready.
User(192.168.1.1:(none)): ftp-admin  ← ftp-adminと入力する。
331 Password required for ftp-admin.
Password:  ← 装置に設定されたパスワードを入力する。
230 User ftp-admin logged in.
ftp>

注: ファームウェア更新中は、電源を切らないよう注意ください。起動しなくなる場合があります。

 

4. ファームウェアをSi-RにBINARYモードで転送します。

ftp> binary  ← BINARYモードにする
200 Type set to I.
ftp> put SIR570SOFT.ftp firmware  ←
local:SIR570SOFT.ftp remode: firmware
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for 'firmware'.
226- Transfer complete.
update : Transfer file check now!
update : Transfer file check ok.
    ・
    ・

注: 'put'コマンドには、「put パソコン側ファイル名 (SIR570SOFT.ftp) Si-R側のファイル名 (firmware) 」を入力します。
パソコン側ファイル名は、解凍されたフォルダーにあるファイル名に読み替えてください。

5. ファームウェアが正しく転送できたことを確認します。

    ・
    ・
226 Write complete.  ←正しく転送できた事を確認します。
ftp>

 

6. ftpコマンドを終了します。

ftp> quit  ←ftpコマンドを終了します。
221 Goodbye.
D:¥si-r>


7. Si-Rの電源を切断後、電源を再投入をします。
ファームウェアが有効になります。


8. ファームウェアが正しく更新されていることを確認します。
本装置の再起動後に、telnet またはコンソールから本装置にログインします。“show system information” コマンドを実行して、本装置の製品名とファームウェアのバージョンが正しいことを確認します。

# show system information
    ・
System : Si-R570  ← 装置名称
    ・
Firm Ver. : V31.00  ←ファームウェアのバージョン

Si-R GX500 ファームウェアの更新(インストール)


1. ファームウェア更新対象のSi-Rと解凍したファイルがあるパソコンがLAN接続可能となっているのを確認します。
更新対象のSi-RにIPアドレスが設定されているか不明な場合あるいは、ご購入時の状態の場合は、IPアドレスを確認し、必要に応じてIPアドレスを設定してください。
Si-Rとパソコン (FTPクライアント) をLANで接続します。パソコンには、Si-Rと同じネットワークのIPアドレスを設定してください。
ここでは、Si-RのIPアドレスを「192.168.1.1」とします。


2. パソコンでコマンドプロンプトを開き、ダウンロードファイルを解凍したフォルダに移動します。

C:¥> d:
D:¥> cd sir


3. ftpコマンドを起動し、Si-Rと接続します。
ftpコマンドを起動する前に、Si-Rにコンソール接続、telnet接続あるいはブラウザから接続している場合は、必ず接続を終了してください。

C:\tmp> ftp 192.168.1.1

:本装置に接続する

Connected to 192.168.1.1

 

220 HOSTNAME FTP sever (xxxxxxxxxxxxx) ready.

:HOSTNAMEには装置のホスト名が表示されます。

Name(192.168.1.1:root): operator

:ユーザ名を入力する

331 Password required for operator.

 

Password:

:パスワードを入力する

230 User operator logged in.

 

ftp>bin

:バイナリモードにする

 

4. ファームウェアをSi-RにBINARYモードで転送します。

ftp> binary
200 Type set to I.
ftp> put SIRGX500SOFT.ftp /drive/ ←注
local: SIRGX500SOFT.ftp remote: /drive/
229 Entering Extended Passive Mode (|||64044|)
150 Opening BINARY mode data connection for '/drive/'.
100% |*************************************| 116 MB 12.17 MB/s 00:00 ETA

注: 'put'コマンドには、「put パソコン側ファイル名(SIRGX500SOFT.ftp) /drive/Si-R側のファイル名(firmware)」を入力します。
パソコン側ファイル名は、解凍されたフォルダーにあるファイル名に読み替えてください。

5. ファームウェアが正しく転送できたことを確認します。

    ・
    ・
226 Transfer complete.  ←正しく転送できた事を確認します。
122558804 bytes sent in 00:09 (12.15 MB/s)

 

6. ftpコマンドを終了します。

ftp> bye    ←ftpコマンドを終了します。
221-
Data traffic for this session was 122558804 bytes in 1 file.
Total traffic for this session was 122559407 bytes in 1 transfer.
221 Thank you for using the FTP service on .


7. telnetまたはコンソールから本装置にログインし、特権ユーザモードに移行します。
> enable

> enable

8. ソフトウェアをインストールします。

# extract-firmware /drive/Si-R側のファイル名(firmware) moff

注:extract-firmwareコマンド実行中は、電源を切らないよう注意ください。起動しなくなる場合があります。

9. 完了後、プロンプトが表示されるのを確認します。

10. インストールしたソフトウェアを有効にするためのコマンドを実行し、再起動。

# reset  other-side moff

11. 再起動後、ソフトウェアが正しく更新されていることを確認します。
telnet またはコンソールから本装置にログインし、"show system information"コマンドを実行して、本装置の製品名とファームウェアのバージョンが正しいことを確認します。

# show system information
    ・
System : Si-R GX500  ← 装置名称
    ・
Firm Ver : V01.01  ←ソフトウェアのバージョン