GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. 大容量データをテープで手軽に管理できる最新技術 LTFS

大容量データをテープで手軽に管理できる最新技術 LTFS

2015年5月25日

ETERNUS LT テープライブラリ × カートリッジテープに記録されたデータをファイルシステムとして操作可能!

現在、データ量は爆発的に増加しています。しかし、データ増加に対応するためにはハードウェアはもちろん、運用管理に至るまでのコスト増が避けられません。こうした手間も時間もかかる課題を解決するのが「LTFS」です。

LTFSとは

LTFS(Linear Tape File System)とは、磁気テープ内のデータをHDDやUSBメモリなどのデータと同じようにファイル単位で取り扱うことを可能とする機能です。磁気テープのオープン規格であるLTO-5からサポートされています。以前はベンダーの専用ソフトウェアで運用しなくてはならなかった磁気テープでしたが、データの保存形式の共通化、Linuxの標準コマンドでの操作、特定ファイルへのアクセスを可能にし、HDD内のデータのような簡単な操作での利用を実現しました。

こんな課題はありませんか?

  •  保存データの爆発的な増加に伴う、ストレージ(HDDなど)のコストが大きい。
  •  長期に保存しなければいけないデータ容量が見通せない。
  •  長期保存したいから、データを消せない。

富士通のソリューション

富士通では、ETERNUS LT テープライブラリでこのLTFSに対応し、お客様の多様なデータの効率的な活用に応えています。テープストレージが用いるバックアップソフトは複数あり、それぞれ独自のコマンドやナレッジに基づくデータ管理を求められます。このため、一度使ったバックアップソフトを使い続けなくてはならないというベンダーロックインに対し、LTFSによって全ベンダー同一のデータ記録方式を実現。長期のデータ保存に適し、導入・運用コストを抑制できるLTFSは、コールドデータの保管などで大きな効果が期待されています。

【LTFSを実現する製品ラインナップ】

ETERNUS LT20 S2製品筐体画像
ETERNUS LT20 S2
ETERNUS LT40 S2 製品筐体画像
ETERNUS LT40 S2
ETERNUS LT60 S2 製品筐体画像
ETERNUS LT60 S2
ETERNUS LT260製品筐体画像
ETERNUS LT260
ETERNUS LT270 S2製品筐体画像
ETERNUS LT270 S2

さらにテープ製品について探求したい方へ

テープの価値再発見! テープが見直される理由:低価格, 高い拡張性, 高い信頼性, 可搬媒体, 使いやすさ...いま見直されるテープの価値をご紹介します。

LTFSでできること:カートリッジテープに記録 されているデータをファイル 形式で扱えるLTFSオプション。 図を使ってわかやすく解説 します。

始めよう、 テープバックアップ!!:なぜバックアップが必要か? テープライブラリによる バックアップというもう一つ の選択肢をご紹介します。

業務にあわせた、テープ製品の選び方:年々増大し続けるデータ量に どのように対応すべきか。 業務にあわせた、テープ製品 の選び方をご紹介します。

掲載日:2015年5月25日

日付: 2015年5月25日

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS