GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Enterprise >
  7. ニュース&トピックス >
  8. 2008年 >
  9. 富士通と米Sun社による共同発表 - SPARC64 VII搭載 SPARC Enterpriseの優位性 -

富士通/米Sun社 共同発表
SPARC64 VII搭載 SPARC Enterpriseの優位性

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。

2008年7月14日

富士通と米Sun Microsystems社(以下、米Sun社)は、2008年7月14日に、最新マルチコア・マルチスレッドプロセッサ「SPARC64™ VII」を搭載したSPARC Enterprise M9000, M8000, M5000, M4000の共同発表を行いました。
当社 サーバシステム事業本部 本部長 豊木則行と、米Sun社 Enterprise Product Engineering部門 Sr. Director, Kipp Kramerにより、本製品の優位性についてご紹介します。

動画の配信は終了いたしました。 富士通と米Sun社による共同発表
SPARC64 VII搭載 SPARC Enterpriseの優位性

ストリーミング放送(英語、4分26秒)

当社 サーバシステム事業本部 本部長 豊木則行
米Sun社 Enterprise Product Engineering部門 Sr. Director, Kipp Kramer

豊木 則行:富士通と米Sun社は、最新プロセッサ「SPARC64 VII」をご紹介できることを、非常にうれしく思います。 SPARC64 VIIは、2007年4月に発表したSPARC Enterprise M9000, M8000, M5000, M4000に搭載し、大きく性能を向上しています。

Kipp Kramer:この革新的なプロセッサに、我々も興奮しています。SPARC64 VIIの提供により、記録的なパフォーマンスを実現するだけでなく、従来のプロセッサや他社のプロセッサと比べて、比類なき信頼性や投資保護を約束します。

豊木 則行:お客様の投資を保護することは課題の一つです。それに基づき、我々は、SPARC64 VIIを一つの筐体やパーティション内で、従来のSPARC64 VIと共存できるよう設計しました。他社製品と異なり、SPARC64 VIIを利用するために、既に導入いただいている筐体やコンポーネントを変更する必要はありません。

Kipp Kramer:パーティショニングの特長の一つであるDR(Dynamic Reconfiguration)機能を使って、お客様はシステムを止めずに、CPUのアップグレードを行うことができます。
SPARC Enterpriseの特徴的機能として、ハードウェアとソフトウェアレベルのパーティショニングがあります。

豊木 則行:これらの機能により、市場で最も粒度の細かい、隔離されたパーティション環境を実現できます。ハードウェアパーティショニングを使うと、あるパーティションでエラーが発生しても、他のパーティションに影響を与えることはありません。そのため、システムの計画外停止時間を削減することができます。SPARC Enterpriseは、1CPU単位でパーティションを構築可能であり、CPUやメモリ、I/Oなどのハードウェアリソースを、システムを動作させたままパーティション間で移動させることが可能です。これがDR機能です。

Kipp Kramer:ソフトウェアパーティショニング機能であるSolaris10コンテナもサポートしています。SolarisコンテナはOSを仮想的に分割し、オーバーヘッドの低い何千ものソフトウェアパーティションを無償で構築することができます。

豊木 則行:次に、最新プロセッサのSPARC64 VIIが提供するメリットについて紹介します。
SPARC64 VIIは高レベルなRAS機能を備えており、プロセッサ障害を確実に検知し訂正・リトライを実施する、信頼性の高いシステムを実現しています。プロセッサのあらゆる回路に、エラー検出機構とリカバリー機構を装備しています。主要LSI間のアドレスパス、データパスもECCにより保護しており、プロセッサだけでなく、本体装置内の1bitエラーを確実に検出・訂正できます。

Kipp Kramer:SPARC64 VIIとSPARC Enterpriseの高信頼機能は、システム管理や保守を容易にします。本体装置に散りばめられたチェッカにより、ハードウェア自身でエラーの予兆を監視し、リカバリできる仕組みをもっています。
信頼性に加えて、性能も向上しています。 SPARC64 VIIはSPARC64 VIと比べて、コア数が2倍になり、新しいマルチスレッド化技術を採用しています。

豊木 則行:クアッドコアを備えたSPARC64 VIIは、マルチスレッドの仕組みにSMT(Simultaneous Multithreading Technology)方式を採用しています。SMTにより、各コア上で2つのスレッドを同時に処理することが可能となります。SMTは、より効率よくCPUを利用でき、L1キャッシュミスによるCPUのアイドル時間を最小にします。SPARC Enterpriseは、最新プロセッサのアーキテクチャにより、劇的な性能向上を実現しています。

Kipp Kramer:SPARC64 VIIを搭載したSPARC Enterpriseは、SAPベンチマークで、世界記録を達成しました。

豊木 則行:世界記録を樹立した高性能とメインフレームの高信頼性を継承したSPARC Enterpriseは、広く世界に浸透しています。最近では、中国最大のモバイル通信会社様に、多くのSPARC Enterpriseを採用していただきました。

Kipp Kramer:SPARC Enterpriseによる、両社の継続的な成功を信じています。

豊木 則行:富士通と米Sun社は、共に最新のSPARC Enterpriseを提供いたします。 SPARC Enterpriseの最新情報はWebサイトで公開していますので、ご覧ください。

(注)主要ベンチマーク結果(英文)
(プレスリリース「富士通とサン、「SPARC64 VII」搭載の「SPARC Enterprise」を販売開始」内添付資料へリンク)


[注記事項]

  • 掲載内容は発行日時点のものです。