GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Enterprise >
  7. ニュース&トピックス >
  8. 2008年 >
  9. 富士通トップメッセージ - 富田副社長によるSPARC64 VII搭載SPARC Enterprise ご紹介 -

富士通トップメッセージ
富田副社長によるSPARC64 VII搭載SPARC Enterprise ご紹介

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。

2008年7月14日

当社 取締役副社長 富田 達夫が、新プロセッサSPARC64™ VIIを搭載した SPARC Enterprise M9000, M8000, M5000, M4000について、ご紹介します。

動画の配信は終了いたしました。 富士通トップメッセージ
SPARC Enterprise
新プロセッサSPARC64 VIIによる性能強化

ストリーミング放送(日本語、6分14秒)

当社 取締役副社長 富田達夫

ストリーミング放送概要

本日、私ども富士通が、20年以上にわたるパートナーであるSun Microsystems社(以下、米Sun社) と一緒に、新プロセッサ「SPARC64 VII」を搭載したSPARC Enterpriseを発表できることを非常に喜ばしく思います。

SPARC64 VIIは、富士通の持つ最先端技術とメインフレーム技術の結晶として、お客様に世界最高水準の性能と信頼をご提供するプロセッサで、現在販売している4種類のモデル、SPARC Enterprise M9000, M8000, M5000, M4000に搭載可能です。SPARC64 VIIを搭載することでSPARC Enterpriseサーバの性能とスケーラビリティは飛躍的に向上します。特に最上位モデルのM9000では、SPARC64 VIIを搭載することで、プロセッサ数を世界最大の256コアまで拡張可能です。この広大なスケーラビリティをご提供できるサーバはSPARC Enterpriseだけです。

この広大なスケーラビリティを効率的にご利用いただくために、SPARC Enterpriseでは2種類の仮想化機能をご提供しています。
1つはハードウェアパーティショニングです。ハードウェアパーティショニングはSPARC Enterpriseの中を複数の領域に分割します。それぞれの領域は物理的に独立しているため、信頼性の高いサーバ統合を行うことができます。
もう1つはOSを仮想的に分割するSolarisコンテナです。非常に柔軟性に優れた仮想化技術であり、1つのOS上に8000以上の仮想環境が構築できます。
ハードウェアパーティショニングとSolarisコンテナ、この2つの仮想化機能を備えたSPARC Enterpriseは、まさにサーバ統合に最適なプラットフォームと言えるでしょう。

SPARC Enterpriseは、アプリケーションベンチマークの一つである2階層SAP SDベンチマークテストで世界最高の性能を達成しました。 このベンチマーク結果は、SPARC Enterpriseが企業の中核を担う大規模基幹システムとして最適なプラットフォームであることの証明であり、導入いただいたお客様の業務効率化を強力にご支援できるものと確信しております。

このような卓越した性能と拡張性に加え、新プロセッサSPARC64 VIIには、メインフレームでも使用されている高信頼化技術が、数多く採用されています。性能、拡張性、信頼性、その全てが世界最高水準であるSPARC Enterpriseは、企業の中核を担う大規模サーバとして、あるいは、企業内のサーバを仮想化し集約する統合サーバとして、お客様に最適なソリューションをご提供します。

今回の新プロセッサ開発にあたり、私どもは大きな目標を立てました。それはお客様のIT投資を確実に保護し、お客様のIT資産の価値を高めていくことです。

その成果として、SPARC Enterpriseは新プロセッサSPARC64 VIIと従来のプロセッサであるSPARC64 VI™とを一筐体内や同一パーティション内に混在して稼動させることが可能となりました。このような複数の世代のプロセッサの混在搭載のサポートは他のUNIXサーバでは例を見ない、SPARC Enterpriseのみが提供する特長です。
さらに、既にSPARC64 VIを搭載したSPARC Enterpriseをご使用いただいているお客様は、サーバを停止させることなく、SPARC64 VIIの追加や交換を行い、性能を強化することが可能です。これもSPARC Enterpriseだけが提供できる機能の一つです。(ストリーミング放送の中では、無停止アップグレードによる性能強化の流れをアニメーションでご紹介しています。)

SPARC Enterpriseが守るものはお客様のIT投資だけではありません。SPARC64 VIIを搭載したシステムは同時に環境への負荷を低減しています。
一般的に、プロセッサの性能向上は消費電力の増加がともないますが、長年にわたり培ってきた富士通のプロセッサ開発技術により、システムの消費電力の増加を抑えることに成功したのです。

近年企業経営において、環境問題の取り組みは非常に重要な課題の一つですが、富士通と米Sun社はこれからも業界をリードする環境にやさしいサーバをご提供し、お客様の課題解決をご支援してまいります。

富士通と米Sun社は、今後もお客様の資産と地球の環境を守りながら、更なる性能、拡張性、信頼性、そして仮想化機能の強化に努めてまいります。

(注)主要ベンチマーク結果(英文)
(プレスリリース「富士通とサン、「SPARC64 VII」搭載の「SPARC Enterprise」を販売開始」内添付資料へリンク)


[注記事項]

  • 掲載内容は発行日時点のものです。