GTM-MML4VXJ
Skip to main content

UltraSPARC T2 Plus搭載 SPARC Enterprise 販売開始

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。

UltraSPARC T2 Plus搭載 SPARC Enterprise 販売開始

2008年4月9日

当社とSun Microsystems社(以下、Sun社)は、最新マルチコア・マルチスレッドプロセッサ「UltraSPARC T2 Plus」を搭載した「SPARC Enterprise T5240, T5140」の販売を開始いたします。

マルチプロセッサに対応したUltraSPARC T2 Plusの搭載により、さらなる高スループット化を実現。従来製品であるSPARC Enterprise T5220, T5120と比較して、約2倍の性能を達成しています。(注1)

また、メモリやディスクの拡張性も向上しており、Webフロント業務やアプリケーションサーバとして、優れた実力を発揮します。

さらに、これらの高いスループットとスケーラビリティに、仮想化技術「Solarisコンテナ」を組み合わせることで、より効率的なサーバ統合を実現します。複数のサーバを一台に統合することで、運用コスト等のTCO削減が可能です。加えて、省スペースで低消費電力サーバへの統合となるため、グリーンITにも貢献します。

企業の成長と共に急激に増え続けるデータをスピーディーに処理し、さらに、点在するサーバの統合によりTCO削減や環境負荷低減を可能とするSPARC Enterprise T5240, T5140。進化を続けるスループットコンピューティングにより、お客様に、最適なサーバ環境をご提供いたします。

SPARC Enterprise T5240, T5140の特長

高スループットプロセッサ「UltraSPARC T2 Plus」搭載

UltraSPARC T2 Plusは、高性能・高信頼性を備えたUltraSPARC T2 を進化させたプロセッサです。新たにマルチプロセッサ対応を実現し、従来製品の2倍となる、2CPU構成での最大16コア/128スレッドを実現しています。

高いスケーラビリティ

SPARC Enterprise T5240は、最大128GBのメモリや最大2,336GBの内蔵ディスクを搭載可能にしており、高いスケーラビリティを提供します。

従来製品との比較(SPARC Enterprise T5240の場合)
  SPARC Enterprise T5240(2U) SPARC Enterprise T5220(2U)
プロセッサ数 2 1
コア数 最大16 最大8
スレッド数 最大128 最大64
メモリ(主記憶) 最大128GB 最大64GB
内蔵ディスク容量 最大2,336GB 最大1,168GB

スループットコンピューティングの効果 -TCO削減とグリーンITへの貢献-

高いスケーラビリティと仮想化技術の組み合わせにより、高スループットコンピューティングの効果を最大限に発揮することができます。

Solarisの標準機能であるSolarisコンテナを使用し、複数のサーバを一台に統合することで、運用管理の効率化やソフトウェアライセンスの費用削減などのTCO削減が可能となります。加えて、SPARC Enterprise T5240, T5140は、省スペース・低消費電力サーバであるため、設置スペースや電力コスト等の削減を実現します。例えば、SPARC Enterprise T5240は従来機種8台と同等性能を発揮します。この従来機種をSPARC Enterprise T5240に統合した場合(注2)、消費電力を約73%削減し、設置スペースを1/8にすることができます。地球温暖化防止に向け、環境負荷の低減によるCO2の排出量の削減を目指しているお客様に、最適なIT環境をご提供します。

当社は、IT企業としてのさらなる社会的責任を果たすべく、「Green Policy Innovation」を展開しています。さらに、データセンターやIT機器の省電力化を推進する米国のIT業界団体「The Green Grid」に、コントリビューターメンバーとして、国内で初めて参画しています。コントリビューターメンバーは、開発の各段階における技術文書をレビューし、本団体の将来的方向性の決定に貢献する役割を担っています。当社は、お客様の環境負荷低減を可能とする製品を提供するとともに、その技術を業界基準の策定や標準化に役立て貢献してまいります。

注1:SPECjbb2005の比較
[SPECjbb2005の性能値および測定環境]
SPARC Enterprise T5240の性能値は373,405 SPECjbb2005 bops、23,338 SPECjbb2005 bops/JVM、測定環境はUltraSPARC T2 Plus(1.4GHz) × 2CPU(16コア、128スレッド)、JVM数 16、Solaris 10。SPARC Enterprise T5220の性能値は192,055 SPECjbb2005 bops、24,007 SPECjbb2005 bops/JVM、測定環境はUltraSPARC T2(1.4GHz) x 1CPU(8コア、64スレッド)、JVM数 8、Solaris 10。
[SPECjbb2005]
Javaで記述された業務アプリケーションが稼働するサーバの性能を評価するベンチマークテストです。卸売業の実際の業務である、受注・配送・入出金処理・在庫管理・顧客情報管理などの処理をシミュレーションするため、その結果は実際の業務に即した処理性能の指針として活用いただけます。ベンチマークテストの詳細および最新情報は、The Standard Performance Evaluation Corporation(SPEC)をご覧ください。

注2:同等性能のシステム(従来機種PRIMEPOWER 250 8台)と、SPARC Enterprise T5240 1台と比較(当社ベンチマークテストの値より算出)


[注記事項]

  • 掲載内容は発行日時点のものです。