GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Enterprise >
  7. SPARC Enterprise 徹底解説 >
  8. 可用性・運用管理性・保守性を向上させるSAN Boot

可用性・運用管理性・保守性を向上させるSAN Boot

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。


関連製品:SPARC Enterprise M3000, M4000, M5000, M8000, M9000
SPARC T4-1, T4-2, T4-4


SAN Bootは、内蔵ディスクではなく、ファイバーチャネル経由で接続されたディスクアレイ装置からOSを起動する機能です。

可用性の向上

高信頼ディスクアレイ装置(ETERNUS)の活用

設計~出荷まで、信頼性を徹底追求したETERNUSですべてのデータを一元管理することで、常に安定運用を実現します。

バックアップ・リストアおよびパッチ適用作業時間の短縮

ディスクアレイ装置のディスクコピー機能を利用することで、ブートディスクのバックアップ・リストアなどに要する時間を短縮できます

PRIMECLUSTERとの連携

PRIMECLUSTERを利用したクラスタシステムの構築も可能です。

運用管理性の向上

ブートディスクの一括管理

複数台あるサーバのブートディスクを1台のディスクアレイ装置に集約して、ディスクアレイ装置の機能を利用してバックアップを採取することで、ブートディスクの一括管理が可能です。

開発環境の世代管理

複数の開発環境を1台のディスクアレイ装置に用意して、必要に応じて切り替えて利用できます。開発環境ごとにサーバを用意する必要がなく、サーバ台数や運用管理工数を削減できます。

保守性の向上

ディスク故障時の作業が簡素化

ブートディスクが故障した場合、システム管理者はサービスエンジニアに連絡すれば、後はサービスエンジニアがディスクを交換して、システムは自動的に復旧します。そのため、システム管理者の作業を軽減できます。