GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Enterprise >
  7. オラクルとのアライアンス >
  8. Oracle RAC on Containersで実現する最高のデータベース基盤

Oracle RAC on Containersで実現する最高のデータベース基盤

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。

『仮想化によるコストダウンと運用性の向上を、基幹システムで実現したい。しかし、これまでと同等の信頼性も欲しい。』

そんなご要望にお応えするのが、「Oracle Solaris コンテナ」、「Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)」 を組み合わせたソリューション「Oracle RAC on Containers」です。

仮想化による運用管理性の向上

Oracle Solarisで標準提供している仮想化技術であるOracle Solarisコンテナは、サーバ上で複数の仮想OSを動作させることができます。サーバリソースを仮想OS間でフレキシブルに活用でき、また仮想OS環境のコピーや移動も簡単に行えるので、Oracle Solarisサーバ統合に欠かせない技術です。Oracle Solarisコンテナ上でOracle Databaseを稼働させることで、データベースシステムの管理を快適にします。

スケールアウトでデータベースの性能・信頼性を提供するOracle RAC

Oracle Databaseの機能であるOracle Real Application Clusters(Oracle RAC)は、複数台のサーバで1つのデータベースを処理する技術です。複数台で1つのシステムを構成しているので、サーバが1台故障してもシステムを継続して運用できます。また性能不足の際もサーバ追加により簡単に性能向上できます。

Oracle RAC on Containersによる、次世代データベース運用

CPUのマルチコア化によりサーバの性能が飛躍的に向上したので、Oracle RAC構成にするとオーバースペックになる場合があります。Oracle RACをOracle Solarisコンテナ上に構築すると、必要なCPU分だけデータベースに割り当てることができます。余ったCPUは他のシステムで使用でき、リソース不足時はコマンド1つで、業務を止めずにリソースを追加できるなど、より柔軟なデータベースシステムを構築できます。(注)

Oracle RACのライセンスはOracle Solarisコンテナで区切られた範囲のCPU分だけ支払えばよいので、コストメリットもあります。1コア/ノードからスモールスタートすることもできますので、Oracle RACのトライアル利用としてもお勧めです。

注:追加CPUリソース分のOracleライセンスをあらかじめ購入しておく必要があります。

製品情報

関連情報


お問い合わせ