GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Oracle OpenWorld Tokyo 2012 富士通出展レポート

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。

2012年4月4日~6日、日本オラクル社が主催する「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」が六本木で開催されました。富士通は唯一最高ランクのMarqueeスポンサーとして参加しました。

レポート概要基調講演セッション特派員便り/展示メディア

第10回目のOracle OpenWorld Tokyo 2012は、前回から3年ぶり、オラクルとサン・マイクロシステムズの事業統合後、初の開催です 。「ENGINEERED FOR INNOVATION 技術の融合が、世界を変える。」をメインテーマに、日本オラクル社と多数のスポンサー企業が出展しました。

富士通の出展内容

基調講演

富士通 佐相秀幸
日時 4月4日(水曜日) 9時~11時15分
タイトル テクノロジーをベースとした新しい富士通の創造・挑戦
~ヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティ~

レポート詳細arrow-double

セッション

富士通 エンタプライズサーバ事業本部 統括部長 瀬古茂
日時 4月4日(水曜日) 13時~13時45分
タイトル ハードウェアの進化は、ソフトウェアの変革と創造を導きだす。
~ ヒューマンセントリック時代のITプラットフォーム開発 ~

レポート詳細arrow-double

富士通株式会社 プラットフォーム技術本部プロダクション技術統括部 シニアディレクター荒木 純隆
日時 4月5日(木曜日) 14時10分~14時55分
タイトル ICTシステムの変革を支援する富士通のストレージソリューション

レポート詳細arrow-double

展示

タイトル Solaris仮想環境におけるデータベース運用
内容
  • 仮想化によるOracle RAC運用の効率化
    UNIXサーバ SPARC Enterprise

レポート詳細arrow-double

  • ストレージの効率的な活用によるバックアップ最適化
    SAN対応ディスクアレイ ETERNUS DX series
    デデュープアプライアンス ETERNUS CS800
タイトル 最先端テクノロジー
内容 計算速度世界一!スーパーコンピュータ「京」()
SPARC Enterpriseと同じアーキテクチャである「SPARC64™ VIIIfx」やTofuインターコネクトなどの革新的なテクノロジーにより、世界No.1性能や高い信頼性を実現
タイトル すぐにはじめられるプライベートクラウド運用
内容 プライベートクラウドに最適化されたインフラ基盤
プライベートクラウド統合パッケージCloud Ready Blocks

(注)「京」は、理化学研究所が2010年7月から使用している「次世代スーパーコンピュータ」の愛称です。

レポート概要基調講演セッション特派員便り/展示メディア