GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 「GroundWork Monitor」の導入およびサポートサービスを提供開始

PRESS RELEASE

2006年12月20日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

「GroundWork Monitor」の導入およびサポートサービスを提供開始

~オープンソース・ソフトウェアを活用したシステム運用監視製品で監視環境の構築・運用を強力に支援~

  株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:川崎市中原区小杉町1-403、代表取締役社長:池上幸弘、以下:富士通SSL)は、米国GroundWork Open Source社とパートナー契約を締結し、同社のシステム運用監視ソフトウェア製品である「GroundWork Monitor(グランドワーク・モニター)」の導入およびサポートサービスを、2006年12月25日より開始いたします。

  内部統制強化、日本版SOX法の施行などに伴い、企業内で稼働する数多くのサーバ、ネットワーク、パソコンなどを効率よく監視できるシステムを導入・運用したいという要求が高まってきています。富士通SSLは、このようなニーズにお応えするため、米国GroundWork Open Source社とパートナー契約を締結し、同社の「GroundWork Monitor」の導入サービスおよびサポートサービスを開始いたします。
  「GroundWork Monitor」はさまざまなオープンソース製品のシステム監視運用ツールやグラフ化ツール、システムログツールなどを包含した、オープンソースを母体として開発されたシステム運用監視ソフトウェア製品です。お客様はGUI(Graphical User Interface)で操作することができるので、監視工数の削減、短時間でのレポートの作成、徹底した組織内のシステム上の情報管理などを実現します。
  富士通SSLは、これまでに蓄積してきたシステム監視・運用のスキルやノウハウを活用し、「GroundWork Monitor」の導入から保守運用までのライフサイクルを通したサポートをご提供いたします。   富士通SSLは、オープンソース・ソフトウェアをIT基盤に活用したいお客様に向けて、今後3年間で「GroundWork Monitor」の導入サービスおよびサポートサービスにて3億円の売上を見込んでいます。

【「GroundWork Monitor」によるサービスの特長】

  1. 多数のオープンソース群を活用
    • 監視ツールやグラフ化ツールなど数多くのオープンソース製品を包含
    • GUIの操作環境なので、システム運用監視をより導入しやすく、また状況をグラフなどで視覚的に表示することで、システム管理者の負担を大幅に軽減
    • 利用者自身でのレポート作成も可能なので、お客様要望の変化に対しお客様ご自身で柔軟に対応可能
  2. 年間サポート料金のみで利用可能
    • 高額な製品費用を負担することなく、システム監視環境を構築することが可能
    • オープンソース群を母体としているため、機能アップがタイムリーに実施され、それらの機能アップも年間サポート料金のみでご提供

【富士通SSLが提供するサービス】

サービス名 概要
GroundWork Monitor 導入サービス 「GroundWork Monitor」のインストール、画面カスタマイズや監視対象設定、システム管理者教育などを実施。
GroundWork Monitor サポートサービス 「GroundWork Monitor」使用に関する問合せ、トラブル対応、製品バージョンアップ情報の提供などを実施。

【サービス価格】

サービス 製品種別 サービス価格(税別) 備考
GroundWork Monitor
導入サービス
- 300万円より  
GroundWork Monitor
サポートサービス
(年額)
GroundWork Monitor
Professional
288万円(年額)  
GroundWork Monitor
Small Business
144万円(年額) 監視対象機器数50以下

【販売目標】  3年間で3億円

【関連ソリューション】  システム運用設計ソリューション

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連リンク

システム運用設計ソリューション TOPページ

米国GroundWork Open Source社について

GroundWork Open Source社はサンフランシスコを拠点とし、急成長しているオープンソースのIT運用管理ソフトウェア業界をリードしています。先進的オープンソースのソフトウェア群を一つのソリューションとしてまとめ上げ、従来の他社製品と比べ格段に安いコストでLinux、Unix、Windows、Netwareなど複数プラットフォームにまたがるITインフラすべてについて、動作状況と可用性を監視および管理できるようにしています。世界中の何百もの企業で何千ものシステム管理者が、この製品をダウンロードして、百万台以上のサーバとネットワーク機器の動作状況と可用性を監視および管理するために使用しています。顧客は教育機関、金融機関、政府機関、製造業、ハイテク産業などさまざまな産業分野にわたっています。GroundWork Open Source社は株式未上場でMayfieldおよびCanaan Partnersから投資を受けています。

富士通SSLについて  URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

富士通SSLは、富士通グループの一員として、基盤ソフトからアプリケーションまでのソフトウェア開発、コンピュータ・システム構築などを中心に事業を展開してきました。また、これらの技術をもとに、流通業、製造業、通信事業、自治体など様々なお客様に向けたソリューション・サービスを提供しています。1990年に、システムインテグレーター認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。また、2003年にはBS7799 およびISMS認証基準の認証を取得し、さらに2006年にはBS7799およびISMSから移行したISO27001の認証も取得しております。現在、お客様のビジネスの成功を強力にプロデュースするソリューション群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』を整えCRM、EAI、データウェアハウス、ネットワーク構築およびセキュリティなどの幅広い分野でサービスを提供しています。

報道お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
ソリューションコーディネーター統括部 マーケティング推進部

電話:044-739-1251

sa-info@ssl.fujitsu.com

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
ソリューションコーディネーター統括部 マーケティング推進部

電話:044-739-1251

sa-info@ssl.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ