GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. セキュリティサービス群「FJB Security Opt」の提供開始

PRESS RELEASE

2006年8月8日
株式会社富士通ビジネスシステム
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

セキュリティサービス群「FJB Security Opt」の提供開始

~富士通SSLとの連携により、セキュリティサービスの拡充を実施
内部統制【IT全般統制(セキュリティ)】を新たにメニュー化~

  株式会社富士通ビジネスシステム(本社:東京都文京区、代表取締役社長:鈴木 國明、以下:FJB)は株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:池上 幸弘、以下:富士通SSL)との連携により、従来のセキュリティソリューションを「FJB Security Opt(エフジェイビー セキュリティ オプト)」として体系化、新たに内部統制【IT全般統制(セキュリティ)】を追加し、本日より提供を開始いたします。

  FJBは先般、富士通SSLと共同で「ITガバナンス・アセスメントサービス」の提供を開始しております。同サービスにより、お客様は診断結果を通して自社の課題を認識し、対策実施の優先順位付けや、無駄な投資を防止することができ、より適切かつスピーディーな内部統制(IT全般統制)への取り組みが可能となっております。
そこで、同サービスでの評価結果に基づいた具体的対策の実現に向け、ITの最適なセキュリティ環境を提供するセキュリティサービス群を新たに体系化し、「FJB Security Opt」として提供開始いたします。
「FJB Security Opt」は、従来FJBが提供してきた7つのカテゴリのセキュリティサービス群に、新たに内部統制【IT全般統制(セキュリティ)】を8つ目のカテゴリとして追加いたしました。内部統制のIT全般統制関連セキュリティ分野においても実績のある富士通SSLと連携し、商品とサービスの強化を実施しております。
今後も、内部統制におけるIT全般統制を効果的かつ最適化(Optimize)するための対策を、富士通SSLと提供してまいります。

  今回提供を開始する内部統制【IT全般統制(セキュリティ)】は、従来からFJBが提供してきたセキュリティサービス群に、富士通SSLから提供を受ける商品とサービスを加えた、豊富なソリューションで構成されています。
メニュー内容は、「ネットワーク・システムへの不正アクセス防止」、「システムの利用ログ・端末の操作ログなどの監査証跡を収集・管理」、「システムデータの適正な保護・保管」、「IT資産の構成管理・管理ルールの遵守・徹底」という4つのテーマに区分され、さらに、「IDアクセス管理」、「操作・アクセス制限」、「不正アクセス防止」、「ログ(監査証跡)取得」、「データ保護」、「IT資産管理・構成管理」の6つのカテゴリに分類し、必要なソリューションを明確にしております。
(参考資料2:FJB Security Opt 内部統制【IT全般統制(セキュリティ)】詳細を参照)

  今回のFJBと富士通SSLの連携により、FJBは内部統制【IT全般統制(セキュリティ)】に有効である富士通SSLの、サーバアクセスコントロールを可能にする「SHieldWARE(シールドウェア)」、証跡管理に必要なログを取得する「PacketBlackHole(パケットブラックホール)」、不正アクセスを防止する「Citrix Application Firewall(シトリックス アプリケーション ファイアウォール)」、外部メディアの書き出しを禁止したり、不正なアプリケーションをアンインストールさせることができる等、パソコンセキュリティに特化した「SafeManager SE(セーフマネージャ エスイー)」など8種類の製品を「FJB Security Opt 内部統制【IT全般統制(セキュリティ)】」のメニューへ追加しました。これにより、富士通SSLはFJBの営業力を活用して全国へ各種サービスおよび製品を展開することが可能となります。

  FJBはさらに内部統制【IT全般統制(セキュリティ)】関連メニューの充実を目指し、コンサルティング、ITMSを中心に、お客様に常に最適なIT全般統制ソリューションを提供してまいります。
FJBは、今年度「FJB Security Opt」にて35億円の売上を目指します。

【「FJB Security Opt」販売目標 】 2006年度35億円

参考資料1:「ITガバナンス・アセスメントサービス」と「FJB Security Opt」の関連図

FJB Security Opt内部統制【IT全般統制(セキュリティ)】の関連図
↑画像クリックで拡大表示 (57 KB)

参考資料2:FJB Security Opt内部統制【IT全般統制(セキュリティ)】詳細

FJB Security Opt内部統制【IT全般統制(セキュリティ)】詳細
↑画像クリックで拡大表示 (30 KB)

★印は富士通SSL提供の製品

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

富士通ビジネスシステムについて  URL:http://www.fjb.fujitsu.com/

富士通ビジネスシステムは、富士通グループ最大規模のソリューションプロバイダーとして、お客様の事業そのもの支援することを目的とし、企画・コンサルティングからシステム構築、運用、保守・サポート、教育まで一貫したソリューションを、約3,400名のスペシャリストと全国150ヵ所のネットワークで提供しています。主にミッドレンジ市場を中心に、様々な業種・業務のお客様約4万社への実績があります。ソリューション・サービスでは、.NET対応の細業種・業務ソリューション「webAS Component」シリーズや、情報システムのトータル運用サービス「FJB @onestopITMS」を主力として展開しています。またこの他IP-VPNや回線サービス等のネットワーク関連、ISMSやウイルス対策、情報漏えい対策等のセキュリティ分野などでも、お客様のニーズに即した最新ソリューションを提供しています。

富士通SSLについて  URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

富士通SSLは、富士通グループの一員として、基盤ソフトからアプリケーションまでのソフトウェア開発、コンピュータ・システム構築などを中心に事業を展開してきました。また、これらの技術をもとに、流通業、製造業、通信事業、自治体など様々なお客様に向けたソリューション・サービスを提供しています。1990年に、システムインテグレータ認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。また、2003年には、ネットワークセキュリティ監視サービスにおいてBS7799 およびISMSの認証を取得しました。現在、お客様のビジネスの成功を強力にプロデュースするソリューション群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』を整えCRM、EAI、データウェアハウス、ネットワーク構築およびセキュリティなどの幅広い分野でサービスを提供しています。

報道お問い合わせ先

株式会社富士通ビジネスシステム   広報IR部

電話:03-5804-8110

Fax:03-5804-8136

E-mail:kouhou@fjb.fujitsu.com

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
ソリューションコーディネーター統括部 マーケティング推進部

電話:044-739-1251

Fax:044-739-1539

sa-info@ssl.fujitsu.com

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通ビジネスシステム   マーケティング本部  ITMS推進部

電話:03-5804-8195

Fax:03-5804-8196

E-mail:fjbsolution@fjb.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ