GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 「ITガバナンス・アセスメントサービス」を提供開始

PRESS RELEASE

2006年6月7日
株式会社富士通ビジネスシステム
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

「ITガバナンス・アセスメントサービス」を提供開始

~会社法、日本版SOX法施行を見据え、新サービスを提供~

  株式会社富士通ビジネスシステム(本社:東京都文京区、代表取締役社長:鈴木 國明、以下:FJB)と株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:斎藤 潔、以下:富士通SSL)はサービスビジネス分野での連携強化の一環として、会社法、日本版SOX法施行を見据えたビジネス領域拡大に向け、新サービス「ITガバナンス・アセスメントサービス」を開発し、FJBより6月8日から販売開始いたします。

  今回提供する「ITガバナンス・アセスメントサービス」は、IT全般統制(注1)にフォーカスした内部統制強化支援の1つで、「IT運用アセスメント」と「ITセキュリティ・アセスメント」の2つの観点からお客様に対し500問のヒアリングを行い、内部統制におけるIT全般統制の状況を評価し、現時点でのセキュリティ・運営・管理の状況を可視化すると共に、課題を明確化するサービスです。評価の手法は、経済産業省発行の「システム管理規準」及び英国政府作成のITIL(注2)を取り入れ、FJBが独自に開発した「IT運用アセスメント」と、FJBと富士通SSLがこれまでのセキュリティコンサルティングの実績に基づき新たに構築した「ITセキュリティ・アセスメント」をベースに、両社共同で開発しました。

  本サービスの特長として、診断を受ける企業は、ISO27001をベースにした質問に回答し、問題点の指摘を受け、改善指針が提示され、COBIT(米国の情報システムコントロール協会(ISACA)などが提唱するITガバナンスの実践規範)の思想に基づく、業務項目ごとの自社におけるIT運用の成熟度を知ることができます。これにより企業は、ITガバナンス確立に向けた方針策定が可能となり、セキュリティ強化やシステム運用の品質・生産性向上に向けた取り組みを短期間・低価格で開始することができるようになります。

  さらに、評価結果による対策が実施できるよう、ITの運用環境を提供する「FJB@onestop ITMS(ワンストップ・アイティエムエス)」のサービス群と、ITの最適なセキュリティ環境を提供するセキュリティサービス群を「IT全般統制実施支援ソリューション」として体系化し提供してまいります。

  今後、FJBは「ITガバナンス・アセスメントサービス」として、3年間で100社への販売を目指します。
また、運用関連サービス(FJB@onestop ITMS)、セキュリティ関連サービスを合わせた「IT全般統制実施支援ソリューション」として、2006年度で200億円の売上を目指します。

FJBと富士通SSLは先に2006年4月、ソリューション・サービス分野の機能強化や品揃え、ビジネスの拡大を目的とした包括的業務提携に合意し、FJBは、業務提携の第1弾として富士通SSLが開発したソフトウェア製品を、FJBの自治体向け製品群「WebAS(R)/Public(ウェブエーエス/パブリック)」に組込み販売しています。今回は、業務提携の第2弾として、IT全般統制のための、「運用サービス」と「セキュリティ・サービス」のビジネス分野での品揃えに着手しました。

【「ITガバナンス・アセスメントサービス」概要 】

「ITセキュリティ・アセスメント」・「IT運用アセスメント」の2つの観点から、企業、組織のお客様にヒアリングを行い、IT全般統制の状況を評価し、現時点でのセキュリティ・運営・管理の状況を可視化して課題を明確化します。

  • IT運用アセスメント:
    ITILおよびシステム管理基準をベースにFJBが独自に企画・開発した「IT運用アセスメント」。COBITの思想に基づく業務項目別での成熟度を提示する。
  • ITセキュリティ・アセスメント:
    ISO27001をベースに抽出された項目から、問題点の指摘、改善指針を提示する。

【販売価格および出荷時期】

サービス名 販売価格(税別) 提供開始
ITガバナンス・アセスメントサービス 300万円より 2006年6月8日

【販売目標】    ITガバナンス・アセスメントサービス:3年間で100社

【 IT全般統制ソリューション体系 】

ITガバメント・アセスメント
↑画像クリックで拡大表示 (94 KB)

(注)ITMSとは、情報システム担当部門が行っている、日常の運用業務をマネジメントし、IT価値の最大化、業務の改善を目的とするサービス
(注)LCMとは、ライフサイクルマネジメントの略

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

用語説明

注1  IT全般統制
ITを利用した全般統制とは、ITを利用した業務処理統制が有効に機能する環境を保証する間接的な統制をいう。
注2  ITIL
イギリス政府が策定した、コンピュータシステムの運用・管理業務に関する体系的なガイドライン。

富士通ビジネスシステムについて  URL:http://www.fjb.fujitsu.com/

富士通ビジネスシステムは、富士通グループ最大規模のソリューションプロバイダーとして、お客様の事業そのもの支援することを目的とし、企画・コンサルティングからシステム構築、運用、保守・サポート、教育まで一貫したソリューションを、約3,500名のスペシャリストと全国150ヵ所のネットワークで提供しています。主にミッドレンジ市場を中心に、様々な業種・業務のお客様約4万社への実績があります。ソリューションサービスでは、.NET対応の細業種・業務ソリューション「WebAS Component」シリーズや、情報システムのトータル運用サービス「FJB@onestop ITMS」を主力として展開しています。またこの他IP-VPNや回線サービス等のネットワーク関連、ISMSやウイルス対策、情報漏えい対策等のセキュリティ分野などでも、お客様のニーズに即した最新ソリューションを提供しています。

富士通SSLについて  URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

富士通SSLは、富士通グループの一員として、基盤ソフトからアプリケーションまでのソフトウェア開発、コンピュータ・システム構築などを中心に事業を展開してきました。また、これらの技術をもとに、流通業、製造業、通信事業、自治体など様々なお客様に向けたソリューション・サービスを提供しています。1990年に、システムインテグレーター認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。また、2003年には、ネットワークセキュリティ監視サービスにおいてBS7799 およびISMSの認証を取得しました。現在、お客様のビジネスの成功を強力にプロデュースするソリューション群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』を整えCRM、EAI、データウェアハウス、ネットワーク構築およびセキュリティなどの幅広い分野でサービスを提供しています。

報道お問い合わせ先

株式会社富士通ビジネスシステム   広報IR部

電話:03-5804-8110

E-mail:kouhou@fjb.fujitsu.com

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
ソリューションコーディネーター統括部 マーケティング推進部

電話:044-739-1251

Fax:044-739-1539

sa-info@ssl.fujitsu.com

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通ビジネスシステム   マーケティング本部  ITMS推進部

電話:03-5804-8193

Fax:03-5804-8196

E-mail:security-sales@fjb.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ