GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース>
  3. パソコン環境の安全性を確保する製品群『PC/Safeシリーズ』を大幅に強化

プレスリリース

2004年11月1日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

パソコン環境の安全性を確保する製品群『PC/Safeシリーズ』を大幅に
強化

~個人情報保護法への対応を加速~

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市中原区小杉町1-403、代表取締役社長:斎藤 潔、以下:富士通SSL)は、個人情報保護法への対応を加速するため、企業内に多数存在する個々のパソコンを一元管理し、安全性を確保することを目的とした製品群『PC/Safeシリーズ』を大幅に強化し、11月9日より販売開始いたします。

現在のビジネスにおいてパソコンは必要不可欠なものとなっており、職場で円滑に業務を遂行していくためには、1人1台以上の所有が珍しいことではなくなりました。しかしながら、それに伴い、ウイルスや情報漏えいなどの脅威にさらされる機会はますます増加しており、企業のセキュリティ対策課題は広範囲に及んでいます。セキュリティ対策を徹底するためには、強固なセキュリティ対策システムと、社員がパソコンの操作を通してセキュリティへ注意を持つような仕組みの両面が必要です。

富士通SSLは、パソコン環境の安全性を確保する製品群『PC/Safeシリーズ』を2003年10月よりご提供しています。これまでの商談対応や導入実績を通し、多くのお客様からセキュリティ対策へのご要望をいただいたことを受け、このたび、『PC/Safeシリーズ』を大幅に強化いたしました。外部メディアへの書き出し・持ち出し制限、書き出される・持ち出されるデータの強制暗号化、情報漏えいの原因となるようなアプリケーションの起動の禁止と強制アンインストール機能との連携により、セキュリティ対策に効果を上げることができます。また、ログの参照および解析の操作性を向上し、監査や問題発生時に迅速な対応を取ることができます。従来の機能と合わせてこれらの機能が加わることにより、この分野において、より一層の差別化を図りました。

富士通SSLは、富士通のパートナー各社とセキュリティ製品を開発するコンソーシアムを形成し、企業内の包括的なパソコンセキュリティ対策支援を推進しています。新たな脅威やお客様からのご要望に対応するため、コンソーシアムの組織同士が協力し合ってレベルアップを推進し、従来にも増して製品の成長を加速してご提供してまいります。『PC/Safeシリーズ』や『PC/Safeシリーズ』導入サービスについて、今後2年間で30億円の売上を見込んでいます。

『PC/Safeシリーズ』の機能一覧

パソコン
セキュリティ
対策 機能
情報漏えい
対策
パソコンの盗難・紛失対策 ・ハードディスク暗号化
・プリブート認証

◆ファイル・フォルダ暗号化
・データ完全消去
データ持ち出し対策 ◆アクセス制限
・印刷禁止
・ファイル操作履歴(ログ)
・ドライブ構成変更検知
不正アクセス対策 ◆不正使用防止
・不正接続検知
・本人認証
ウイルス・
セキュリティ
ホール対策
・定義ファイル版数管理
・ウイルススキャン実施管理
・セキュリティパッチ適用管理
・警告メール自動送信

IT資産管理 ◆アプリケーション強制インストール
◆アプリケーション強制アンインストール
◆外部メディア管理
◆履歴情報管理
・資産管理

◆は今回強化された機能または新規追加機能です。

『PC/Safeシリーズ』の強化ポイント

  1. 未許可外部メディアへの書き出し・持ち出し制限

    組織内で許可されたメディアへのみ書き出しを可能にするため、私物などの未許可のメディアへの書き出しを不可能にすることができます。

  2. 書き出される・持ち出されるデータへの強制暗号化

    外部メディアへ書き出す時は必ず暗号化した状態にしますので、持ち出したメディアの紛失時にも情報の漏えいを防止することができます。暗号化を意識させるため、安全性を確保すると共にセキュリティ意識の啓発に役立ちます。

  3. アプリケーションの起動の禁止とアンインストール機能の連携

    ファイル交換ソフトなど、情報漏えいを引き起こす原因となるアプリケーションの起動の禁止と、インストール済のアプリケーションの強制アンインストールにより、セキュリティ対策を徹底することができます。

  4. 内部監査・外部監査に利用可能なログ参照の操作性を向上

    クライアントパソコンの使用、動作、操作、アクセスなどの履歴(ログ)参照の操作性を向上し、容易にログの解析が行えるため、問題が起きた時の原因追及や監査に迅速に対応することができます。

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

製品・企業について

『PC/Safeシリーズ』について

販売開始日:2004年11月9日
販売目標:2年間で30億円
モデル価格:
●持ち出す時の情報漏えい対策:20クライアント 106万円より
●内部での情報漏えい対策 :20クライアント 113万円より

『PC/Safeシリーズ』は、株式会社富士通プライムソフトテクノロジ、株式会社富士通北陸システムズ、株式会社富士通東北システムズ、富士通サポートアンドサービス株式会社、株式会社富士通中国システムズをはじめ、パートナー各社との連携により実現しています。

富士通SSLについて  URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

富士通SSLは、富士通グループの一員として、基盤ソフトからアプリケーションまでのソフトウェア開発、コンピュータ・システム構築などを中心に事業を展開してきました。また、これらの技術をもとに、流通業、製造業、通信事業、自治体など様々なお客様に向けたソリューション・サービスを提供しています。1990年に、システムインテグレーター認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。また、2003年には、ネットワークセキュリティ監視サービスにおいてBS7799 およびISMS認証基準の認証を取得しました。現在、お客様のビジネスの成功を強力にプロデュースするソリューション群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』を整えCRM、EAI、データウェアハウス、ネットワーク構築およびセキュリティなどの幅広い分野でサービスを提供しています。

お問い合わせ先

営業本部 マーケティング推進部

Tel:(044)739-1520
Fax:(044)739-1539
netsa@ssl.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ

お知らせ

富士通SSLについて

その他