Pulse Secure社製品 Pulse Secure Appliance
(旧製品名:Juniper Networks MAG)

Pulse Secure Applianceはセキュアなリモートアクセスを実現するSSL-VPN製品です。


申し込みは終了しました

「Pulse Secure Appliance 」をご購入いただいたお客様(ご利用中のお客様も含む)に、 最長2020年7月末までご利用いただけるテレワークPC用の追加ライセンスを無償でご提供しております。
上記期間は、仮想アプライアンスのご利用も可能です。
詳しくは「商品お問合せ窓口」よりお問合せください。


「Pulse Secure製 MAGシリーズ(旧Juniper Networks MAGシリーズ)」
販売終了のお知らせ(2016年9月16日追記)


「Pulse Secure製 MAGシリーズ(旧Juniper Networks MAGシリーズ)」は、2016年12月31日をもちまして販売が終了となります。
そのため、当社へのPulse Secure製 MAGシリーズのご発注は2016年11月30日までとさせていただき、2016年12月以降は、Pulse Secure Applianceのみの取り扱いとなります。
販売終了に伴いご不便をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

  • 販売終了機種
    Pulse Secure製 MAGシリーズ 全機種
  • 発注期限
    2016年11月30日(水曜日)
  • サポート終了日
    2021年12月31日(金曜日)
  • 後継機種
    Pulse Secure Appliance 300、3000、5000、7000シリーズ


製品名変更のお知らせ(2015年5月30日追記)

この度「Juniper Networks MAG」は「Pulse Secure Appliance」に改名されました。

Pulse Secure社は、2014年10月のジュニパーネットワークス社によるSSL-VPN関連事業売却に伴い、新しく設立されたSSL-VPN・ネットワークアクセスコントロール・モバイルセキュリティ製品を提供するセキュリティ専業ベンダーです。


Pulse Secure Applianceは以下の製品の後継機です。
  • Juniper Networks SA
  • Juniper Networks MAG

特長

  • SSL (Secure Sockets Layer) を利用してクライアント端末に依存の少ない形でセキュアなリモートアクセスを実現します。
  • ユーザごとにアクセスコントロールを設定することができます。
  • クライアント端末をスキャンしてセキュリティ水準の適合状況を確認し、不適合なクライアント端末からのアクセスを否認することができます。
  • PC端末のみならず、さまざまなスマートフォン、タブレット端末からのリモートアクセスをサポートします。
  • ローカル認証、外部認証サーバ (Active Directory、LDAP、RADIUSサーバなど) との連携が可能です。
  • 認証強化としてクライアント証明書やSECUREMATRIX、SecurIDにも対応しています。

製品ラインナップ

Pulse Secure Applianceシリーズ

機種名主な性能パンフレットなど
psa300
PSA 300

psa3000
PSA 3000
同時接続ユーザー数10~200価格については別途お問い合わせください
対象ユーザー小規模
psa5000
PSA 5000
同時接続ユーザー数10~2,500
対象ユーザー中規模
psa7000
PSA 7000
同時接続ユーザー数10~25,000
対象ユーザー大規模

機能

リモートアクセス機能

接続機能利用できるアプリケーション
Pulse Secure Client
(旧Network Connect)
専用モジュールにより全てのTCP/UDPアプリケーションに対応

  Webアプリケーション、ファイル共有、Eメール、FTP(Passive/Active)、 ターミナルサービス(RDP)、Telnet、SSH、ICMP 等
Secure Application Manager
(SAM)
専用モジュールによりクライアント・サーバ型アプリケーションに対応

  Webアプリケーション、ファイル共有、Eメール、FTP(Passive)、ターミナルサービス(RDP)、Telnet、SSH 等
CoreブラウザのみでWebアプリケーションに対応

  Webアプリケーション、ファイル共有、Eメール、Telnet、SSH 等

ユーザー認証機能

多様な認証サーバと連携させることが可能です。
(ローカル認証、Active Directory、LDAP、RADIUS、SAML)
また、認証強化として二要素認証も可能です。
(クライアント証明書、SECUREMATRIX、SecurID)

ホストチェッカー機能

クライアント端末のセキュリティ水準(アンチウイルスソフト、稼働プロセスの有無、MACアドレスなど)を確認して、水準を満たしていないクライアント端末からのアクセスを否認することができます。

キャッシュクリーナー機能

SSL-VPN接続中に記憶されたクライアント端末のキャッシュデータをSSL-VPN切断時に自動クリアできます。

アクセスコントロール機能

ユーザーに応じてアクセス可能なリソースを設定できます。

シングルサインオン機能

ベーシック認証やフォーム認証などをシングルサインオンすることでユーザーのログイン操作を軽減することが可能です。

仕様・諸元

Pulse Secure Appliance シリーズの仕様

モデルPSA300PSA3000PSA5000PSA7000c/f
同時接続
ユーザー数
10-200ユーザー10-200ユーザー10-2,500ユーザー10-25,000ユーザー
寸法
(幅 x 高さ x 奥行)
19.5 x 4.45 x 19.5cm43.7 x 4.3 x 24.9cm43.7 x 4.3 x 24.9cm43.7 x 8.9 x 45cm
重量1.13kg4.5kg4.5kg13.6kg
最大消費電力60W200W200W700W
ラックマウント×
シリアルポート
インターフェース
1 x シリアルコンソールポート(RJ-45)
データ
インターフェース
1G Ethernet port×210G Ethernet port(冗長)×2
  • (注)
    Fiberモデル利用時は別途SFP+またはDACをご用意ください
マネジメント
ポート
なしあり
クラスタリング
(冗長化)

オプション

製品名内容/仕様
ICEライセンスPSA 3000
PSA 5000
PSA 7000c/f
  • 累積使用で8週間、同時接続ユーザー数を機器がサポートする最大まで拡張(災害・パンデミック対策用)
Meeting
ライセンス
全機種対応
  • SSL-Web会議システム
  • アプリケーション共有
  • デスクトップ共有
  • チャット等

パンフレット

パンフレット名
 Pulse Secure Applianceシリーズ総合パンフレット  

Get Adobe Reader上記のファイルはPDF形式で作成されており、ご覧になるためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Acrobat Reader"アイコンをクリックしてください。

ページの先頭へ