GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

不正侵入検知/防御システム Sourcefire 3D System

本ページでご紹介している製品は、販売を終了しております。
予めご了承ください。

Sourcefire 3D Systemは、発見(Discover)、決定(Determine)、防御(Defend)という3つの段階を通じて、自動的、ダイナミックに自らを最適化し、常にベストな状態で企業ネットワークを保護します。

OSSの"snort"を検知エンジンとして使用

  • 検知ロジックを公開しているため、攻撃検知時の分析は容易です。
  • Sourcefireが誇る脆弱性研究の専門チームであるVulnerability Resarch Team(VRT)によって最高度のサポートが行われています。

RNA®(Real-time Network Awareness)機能による自動チューニング

RNA®はIDS/IPS運用で最も負荷のかかるチューニング作業を自動化することができます。
RNA®により、以下の機能が実装されます。

潜在的な脆弱性を分析

ネットワーク上の全てのOS、アプリケーション、プロトコル等の脆弱性に関する情報を、リアルタイムに監視、収集します。ネットワーク上の通信を監視するため、ネットワークへの直接的な影響はありません。

sourcefire

インパクトフラグ

攻撃を検知した際に対象ホストがその攻撃に対して脆弱性を持っているかどうかで重み付けを行います。

sourcefire
  • インパクトフラグ1:すぐに対応しなければならない
  • インパクトフラグ2:要調査
  • インパクトフラグ3, 4:対応の必要なし
  • インパクトフラグ0:監視対象外

製品パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード

トップページ   |   パンフレット・資料

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ