現在、ランサムウェアや不正アクセス、Web改ざんといった企業へのサイバー攻撃は後を絶たず、それによる経済的損失も小さくありません。にもかかわらず、企業は限られた予算でそれらの危険から身を守らなければなりません。

FortiGateは、通信事業者、データセンター、大規模エンタープライズ向けのハイエンドモデルから、中小規模の企業や分散拠点向けのミッドレンジモデル、小規模拠点やSOHO向けのデスクトップモデルまで豊富なラインナップを揃えており、業界でも優位なファイアーウォールプラットフォームです。
企業のインターネットゲートウェイに必要なセキュリティ機能を1台に集約し、一元管理画面による統一されたポリシー管理をすることでエンドツーエンドのネットワークセキュリティを実現し、高度なセキュリティ脅威や標的型攻撃に対して、業界最高の保護機能を提供します。

配置イメージ


図を拡大する

特長

  • ファイアーウォール機能からVPN、アンチウイルスやIPS機能等複数のセキュリティ機能を備えた統合脅威管理装置(UTM)です。
  • 独自開発ASICを搭載しており、高速なパフォーマンスを実現します。
  • UTMとしての機能以外にもVDOM(仮想ドメイン)等の便利な機能も搭載しています。
  • 通信事業者、データセンター、大規模エンタープライズ向けのハイエンドモデルから、中小規模の企業や分散拠点向けのミッドレンジモデル、小規模拠点やSOHO向けのデスクトップモデルまで豊富なラインナップを揃えています。
  • コストパフォーマンスにも優れ、最先端の機能とスピードを手軽に導入できます。


独自ASIC

製品ラインナップ・動作環境

デスクトップモデル小規模拠点やSOHO向け

2桁番台モデル

ミッドレンジモデル中小規模の企業や分散拠点向け

3桁番台モデル

ハイエンドモデル通信事業者、データセンター、大規模エンタープライズ向け

1,000番台以上モデル

FortiAnalyzer

Fortinet社製品やSyslog対応機のログを集め、保存・分析するログ管理装置です。
ログをグラフィカルなレポートにまとめることでネットワークの可視化を提供します。
仮想化運用も可能!FortiGateを複数導入していたり、長期間のログ保存、アーカイブ機能を使用したい環境におすすめです。


図を拡大する


図を拡大する

FortiManager

複数のFortiGateを効率よく管理する統合管理・監視アプライアンスです。
一元管理することで、煩雑になりがちな設定変更・管理・監視・保守に関する作業をFortiManagerで実行することで管理者の作業を大幅に軽減します。
仮想化運用も可能で、複数アプライアンスを管理する環境におすすめです。

FortiSandbox

仮想環境(サンドボックス)上で実行ファイルを実際に動作させることで未知のマルウェアを検出します。
また、サンドボックス上で実行する前に、アンチウイルスやクラウドクエリを実行し、既知のものかどうかも確認します。

標準価格

FortiGateはローエンドからハイエンドまで、様々なラインナップをそろえ、お客様ネットワークに適した製品を用意しています。
価格は、ページ下部「お問い合わせ」よりお問い合わせください。


パンフレット・資料

パンフレット・資料名

Get Adobe Reader上記のファイルはPDF形式で作成されており、ご覧になるためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Acrobat Reader"アイコンをクリックしてください。

ページの先頭へ