TOPICS
2018年9月5日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

内閣府が発行する 「『カエル!ジャパン』通信」に当社記事が掲載されました。

内閣府 男女共同参画局 仕事と生活の調和推進室が発行するワーク・ライフ・バランス メールマガジン 「カエル!ジャパン」通信 第110号(平成30年8月6日)に、当社記事が掲載されましたので、お知らせいたします。

本記事は、在宅勤務やテレワーク勤務、「FUJITSU Software TIME CREATOR(旧名称:IDリンク・マネージャー)」を使用した勤務状況の見える化など当社のワーク・ライフ・バランスに関する取り組みを紹介しています。

記事執筆には、ビジネスマネジメント本部 人事部 採用センター センター長 竹多 祐治、ビジネスマネジメント本部 人事部 関根 利江、内藤 一美が協力しました。

掲載について

ワーク・ライフ・バランス メールマガジン 「カエル!ジャパン」通信 第110号(平成30年8月6日)    

  • タイトル:
    1. 取組事例
    現場の声を活かしさらなる活性化へつなげる
    株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
  • 発行日:2018年8月6日(月曜日)
  • 運営元:内閣府 男女共同参画局 仕事と生活の調和推進室
  • 取材対応:ビジネスマネジメント本部 人事部 採用センター センター長 竹多 祐治、ビジネスマネジメント本部 人事部 関根 利江、内藤 一美
ページの先頭へ