ダイバーシティへの取り組み

多様な人材の活躍で新たな価値を創造

当社は、ダイバーシティ経営の行動指針である「SSL Diversity Way」の制定や各種認定の取得など、当社の企業理念である「お客様にとって頼りになる企業」「社員にとって働き甲斐のある企業」「社会に責任を果たせる企業」を基に様々な視点からさらなるイノベーションを起こすため、多様な人材が活躍できる土壌を社内に作り、新たな価値創造につなげる経営「ダイバーシティ経営」を推進しています。

SSL Diversity Way

「SSL Diversity Way」は、多様な人材が活躍できる土壌を作るために、会社が大切にすべき価値観、および日々の活動において社員一人ひとりがどのように多様性を進めていくかの原理原則を示したものです。

SSL Diversity Way

これまでの取り組み

実施時期実施内容
2018年4月「第10回 ワークライフバランス大賞」優秀賞を受賞
2018年2月富士通SSLが「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定されました
2017年6月優良な子育てサポート企業として「プラチナくるみん」を取得
2016年3月「女性活躍推進法」に基づく行動計画を策定
2016年3月多様な人材の活躍を価値創造につなげる「ダイバーシティ経営」を強力に推進
2015年5月聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール「LiveTalk」販売開始
2014年11月「キャリア支援企業表彰2014」厚生労働大臣表彰を受賞
2012年10月『平成24年度「均等・両立推進企業表彰」神奈川労働局長奨励賞』を受賞
2012年3月内閣府が推進するワーク・ライフ・バランス活動「カエル!ジャパン」キャンペーンに参加
2011年12月従業員の働き甲斐向上とキャリア形成支援を強化
2010年6月神奈川労働局より次世代認定マーク(愛称「くるみん」)取得
2008年8月中国インターンシップ生受け入れ開始
1990年10月アイルランド研修生受け入れ開始
ページの先頭へ