• photo20200401.jpg
  • hirose201806.jpg
  • jqaiso9001.jpg
  • jab2016.jpg
  • kv_fsl01_ffffff.jpg
  • kv_fsl02_f6f2f0.jpg
  • kv_fsl03_fafafa.jpg
  • bg_sfl.jpg
  • thum_630x259_hitkot.jpg
  • thum_630x259_coolcat.jpg
  • thum_630x259_finsnavi.jpg
  • img_shiga.png
  • icon_01.jpg
  • icon_02.jpg
  • icon_03.jpg
  • thum_newgraduate.jpg
  • thum_414x225_hitkot.jpg
  • thum_414x225_coolcat.jpg
  • thum_414x225_finsnavi01.jpg
  • thum_414x225_finsnavi02.jpg
  • thum_414x225_finsnavi03.jpg
  • hitkot_fig001.jpg
  • hitkot_fig002.jpg
  • hitkot_fig003.jpg
  • hitkot_fig004.jpg
  • kv_finsnavi03.jpg
  • thum_finsnavi03_01.jpg
  • thum_finsnavi03_02.jpg
  • thum_finsnavi03_03.jpg
  • thum_finsnavi03_04.jpg
  • thum_finsnavi03_05.jpg
  • thum_finsnavi03_06.jpg
  • thum_finsnavi03_07.jpg
  • thum_finsnavi03_08.jpg
  • thum_finsnavi03_09.jpg
  • thum_finsnavi03_10.jpg
  • thum_finsnavi03_11.jpg
  • thum_finsnavi01_01.jpg
  • thum_finsnavi01_02.jpg
  • thum_finsnavi01_03.jpg
  • thum_finsnavi01_04.jpg
  • thum_finsnavi01_05.jpg
  • thum_finsnavi01_06.jpg
  • thum_finsnavi01_07.jpg
  • thum_finsnavi01_08.jpg
  • thum_finsnavi01_09.jpg
  • thum_finsnavi01_10.jpg
  • thum_finsnavi01_11.jpg
  • thum_finsnavi02_01.jpg
  • thum_finsnavi02_02.jpg
  • thum_finsnavi02_03.jpg
  • thum_finsnavi02_04.jpg
  • thum_finsnavi02_05.jpg
  • thum_finsnavi02_06.jpg
  • thum_finsnavi02_07.jpg
  • thum_finsnavi02_08.jpg
  • thum_finsnavi02_09.jpg
  • thum_finsnavi02_10.jpg
  • thum_finsnavi02_11.jpg

Visual Basic資産の有効活用をお手伝い
FUJITSU ビジネスアプリケーション
CoolCat®

CoolCat®が資産の有効活用をお手伝いします

今も現役で活躍している多くのVBアプリケーション。Microsoft社による正式サポート終了後、Microsoft社提供の標準アップグレードウィザードを用いてソース変換したものの、エラーの多さに驚かれ、現行システムを再構築するか、VB6のままで継続使用するか、それともマイグレーションするか、お悩みのお客様も多いのではないでしょうか。
CoolCat®は、現行資産の事業価値が高く、機能を維持したままWindows 8、Windows 10などの新しいプラットフォームで稼働させることをお望みのお客様に、VB4~VB6のソースをVB.NETソースへマイグレーションし、アプリケーション品質をさらに高めるお手伝いをするサービスです。

CoolCat®が提供するサービス

CoolCat®では、お客様の工程計画に合わせ、それに応じて必要なサービスを選択できるよう、各種サービスメニューをご用意しています。

CoolCat®の機能と特長

CoolCat®は、次の特長により高い変換率と変換後資産の品質確保を実現しています。

  • 繰り返し変換を可能にする「CoolCatコメント」
  • 独自の変換表とVBとの互換性を追及した「CoolCatクラス」
  • ソースの「クセ」を分析しソース変換に反映する診断を行う「フィージビリティスタディ」
  • 分析した「クセ」を修正するロジックを変換エンジンに組込む「出口ルーチン」

出口ルーチン組込サービス

VBプログラムはコーディングの自由度が高く、CoolCat®の標準変換では対応できないものもあります。この場合は、変換表への登録,CoolCatクラスの作成,あるいはCoolCatコメントを用いた追記作業が必要となります。
CoolCatコメントを用いた追記作業にて対応するケースのうち、「修正箇所が多く」、「パターン化が可能」なものは、お客様専用の出口ルーチンを組込むことで、問題箇所を自動的に修復し、手作業の軽減と、より品質の高いマイグレーションを実現しています。


  • CoolCatは、株式会社滋賀富士通ソフトウェアの登録商標です。
  • Microsoft、Windows、Visual Basicは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
  • その他、記載されている製品名、会社名などは、各社の登録商標または商標です。
  • その他、本資料に記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示(TM,R,™,®)を付記していません。

CoolCat®に関するお問い合わせ

ページの先頭へ