GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 会社案内 >
  3. ワークライフバランス

ワークライフバランス

ホノルルマラソン2012への参加

余暇の有効活用の一つとして、富士通システムズ・イースト労働組合主催の各種活動に当社従業員が参加しております。

ホノルルマラソン2012の様子

2012年12月9日(日)にハワイ・ホノルルにて開催された「ホノルルマラソン2012」参加ツアーに当社社員2名が参加しました。

ホノルルマラソン2012参加者の様子

参加者のコメント

最高の景色の中、暑さと戦いながらも沿道の応援にテンションもあがり、楽しく完走できました!(T.T)

ホノルルマラソン2012参加者の様子

きっかけは事務所の入口に貼ってあった募集をみて、ハワイに行ったことがなかったので行ってみたい、という想いからでした。マラソンへの参加は必須との事でしたので、6時間をめざしトレーニングを開始しました。途中膝を痛めたり、仕事が繁忙期を迎えたりと思うように進められない時期もありましたが、メタボをかなり解消して参加することができました。
初ハワイ、初マラソンに加えて、帰りは空港まで初リムジンの乗車もありました。また機会があれば参加したいと思います。(M.M)

ワークライフバランスとは

ワークライフバランスとは「仕事と生活の調和」とも呼ばれるもので、2007年に策定された「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」では

「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」

と定義され、具体的には、

(1) 就労による経済的自立が可能な社会
(2) 健康で豊かな生活のための時間が確保できる社会
(3) 多様な働き方・生き方が選択できる社会

であるとされています。
※内閣府ウェブサイト「 仕事と生活の調和の実現に向けて新規ウィンドウが開きます」より引用。