GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 商品一覧 >
  3. Portshutter 集中管理オプション 機能

情報漏えい対策ソフト 「Portshutter (ポートシャッター)」 Portshutter 集中管理オプションの機能

【販売終了のご案内】
本製品は、2017年10月31日をもって販売を終了いたしました。
本製品をご利用いただいているお客様へのサポートにつきましては、2022年 3月31日をもって終了いたします。

Portshutterのご利用を検討されている場合は、「Portshutter Premium」をご覧ください。

「Portshutter」は、Windows® 7以前のバージョンのOSのみ対応します。
Windows® 7以降のOSでご利用いただく場合は「Portshutter Premium」(2013年2月21日一般販売開始)をご覧ください。

Portshutterには、情報漏えい対策ソフト「Portshutter」と、各パソコンのPortshutter設定を一元管理する「Portshutter 集中管理オプション」の、2つの製品があります。

Portshutter 集中管理オプション


クライアントのPortshutterをサーバ上で一元管理

集中管理オプションのイメージ図集中管理オプションを利用すれば、ネットワーク上から各クライアントパソコンのPortshutterの個々の設定を一元管理や、Portshutterの自動バージョンアップができます。
クライアントパソコンのPortshutterの設定が迅速かつ、一括でできるので、管理者の負担が軽減され、設定ミスや設定漏れなどを防止できます。
なお、集中管理オプションはPortshutter V2以降に対応しています。

Portshutter 設定の一元管理

ポリシーを使い、クライアントのPortshutter の設定ができます。

ポリシー名 概要
基本ポリシー 管理しているクライアントパソコン全てに対して、基本となるPortshutter の設定情報
組織ポリシー グループ化されたクライアントパソコンに対してのPortshutter の設定情報
機器ポリシー 管理しているクライアントパソコン個々のPortshutter の設定情報