GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

@心の健康シリーズ 概要

お知らせ:「e診断@心の健康」の販売窓口移管について

「e診断@心の健康」は、2018年4月1日より、販売窓口を富士通株式会社に移管いたしました。 最新の情報は、富士通株式会社のサイトをご覧ください。
引き続き、「e診断@心の健康」をご愛顧くださいますよう、お願い申し上げます。

お知らせ:「e学修@心の健康」の販売終了について

「e学修@心の健康」は、2018年8月20日をもちまして販売を終了いたしました。
またSaaS版につきましては、2019年2月19日をもちましてご提供を終了いたしました。

お知らせ:関連商品について

FUJITSU Software いきいき@職場の健康

「いきいき@職場の健康」は、従業員のストレスチェック結果データをもとに、 おすすめの職場改善計画をレコメンドすることで、職場改善活動の最大の悩みである施策の立案を後押しします。

『労働者の心の健康の保持推進のための指針』に沿った「@心の健康シリーズ」

「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(注1)では、事業者が「心の健康づくり計画」を策定し、自らの事業場におけるメンタルヘルスケアに積極的に取り組むことを求めています。
「心の健康づくり計画」の実施に際しては、「セルフケア」「ラインによるケア」「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」「事業場外資源によるケア」からなる「4 つのケア」による役割分担を示し、「4 つのケア」が適切に実施されるよう具体的な実施事項を定めてます。
「@心の健康シリーズ」では、この「4つのケア」のうち事業場内の3 つのケアにおいて、具体的な実施を支援します。

(注1)厚生労働省発表、平成18年3月31日、『労働者の心の健康の保持増進のための指針(概要)』

適応可能な領域
 

セルフケア

従業員の「セルフケア」にの推進に

  • ストレスへの気づきと対処を促すストレスチェック
  • ストレス耐性の向上に必要なメンタルヘルス教育(一般職研修時など)

ラインによるケア

管理監督者の「ラインによるケア」の推進に

  • 職場環境等の改善のための職場ストレス分析情報の提供
  • ラインによるケアの充実に必要なメンタルヘルス教育(昇格研修時など)

事業場内産業保健スタッフ等によるケア

事業場内の健康管理担当者の「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」に

  • 個人のケアに必要なストレス状態の把握
  • 職場環境等の改善のための職場ストレスの把握
  • 自発的な相談・面接申出の把握、面談・面接記録の管理
  • セルフケアに必要な従業員へのメンタルヘルス教育
  • ラインによるケアに必要な管理監督者へのメンタルヘルス教育推進
  • 「ストレス」と「組織活力」の複合的視点から、組織の総合健康度を把握

「@心の健康シリーズ」のご利用イメージ

ご利用イメージ
 

職業性ストレス簡易診断システム

メンタルヘルス教育システム

富士通「環境貢献ソリューション」認定

環境貢献ソリューション 認定マーク

職業性ストレス簡易診断システム「e診断@心の健康」は、富士通の「環境貢献ソリューション」認定製品です。
当社は、お客さまの環境負荷低減に貢献する製品とソリューションの提供を推進する「第8期富士通グループ環境行動計画」を、富士通グループの一員として推進します。


このページに記載されている各社名および製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。