スペシャリストが学習データ量産からモデル作りまでサポート

画像認識向け学習データ作成サービスについて

画像認識ディープラーニング用の学習データ作成を支援します

サービス内容

学習データ作成(要素画像切り出し、画像データ生成、アノテーション)

  • ご提供画像から学習の対象物を切り出し、学習データの元画像(要素画像)作成
    セグメンテーション技術による切り出し自動化で多量の要素画像を準備します。
  • 少ないデータから画像認識に有効な学習データを短期で生成
    当社独自のデータオーギュメンテーション(注1)技術により、従来方式とは異なる過学習(注2)に陥らない学習データを生成します。
    このように学習データのバリエーションを拡げることで、画像認識率の向上が期待できます。
注1)データオーギュメンテーション︓画像に対して平行移動、拡大縮小、回転、ノイズの付与等の処理を加えることで、データ数を水増しするテクニック
注2)過学習:学習データにだけ最適化され、効果が得られない状態

評価・検証

  • 作成した学習データにより学習モデルを作成し、その学習モデルによる画像認識の精度を検証
  • レポートとして課題改善施策データ資料を提供
    詳細な評価レポートをご確認いただけます。これによりお客様は、導入計画を具体的に策定できます。

サービスメニュー

本サービスでは、画像認識AI システム構築の計画初期段階を支援する3 つのメニューを用意しています。

1. 学習データ作成支援

画像認識AIの業務への適用の実現性、学習データの準備、検証方法など、画像認識AI導入に向けた検討を経験豊富な技術者が支援します。

2. 学習データ作成

お客様から提供いただいた少量の画像データから、画像認識AIに効果的な多量のアノテーション済み学習データを自動生成し、短期間でご提供します。

3. 評価・検証

学習データから学習モデルを構築し、お客様の要件にあった画像認識AI導入の実現性を検証、評価します。課題を明確化し、画像認識AIの業務適用に向けた評価・検証を実施します。




適用シーン・事例

本サービスは業種や規模など条件を問わず、あらゆるシーンで検討と導入が可能です。(注2)

一例として

  • 学習画像の大量の準備が難しい場合
  • 通常では取得が難しい、事故・災害など特殊な条件下の画像の場合
  • 学習データ作成のコスト、期間を削減したい場合
  • どのような学習画像を準備すればいいのか不明な場合
  • 本格的な検証開始前に簡易的に精度確認等を実施し方向性を検討したい場合
注2)要素画像 × 背景画像の組み合わせで表現できる場合に適用可能
  • 事例1農作物の外観検査

    農作物の品質仕分けのための、傷・病気パターンと作物画像を組み合わせ、取得の難しい異常画像データを多量に準備
    作業期間︓1週間

  • 事例2養殖場いけすの餌・ゴミ検知

    養殖場内の物体カウントのため、魚、餌、ゴミなどのパターンと背景を組み合わせ、多量の学習画像を準備
    作業期間︓3日

当社にお任せください

  • お客様の案件やご相談を元に、適切なメニューを提案します。
    どのようなご相談も、お気軽にお問い合わせください。

    例)・どんな事例があるのか?同じ業種の事例はあるのか?
    ・現在抱えている課題は解決できるのか?
    ・どのくらいの期間、費用が必要なのか?

画像認識向け学習データ作成サービス に関するお問い合わせ・ご相談

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

  • メインビジュアル

  • 学習データ作成

  • 検証・評価

  • サービスメニュー

  • 事例1

  • 事例2
ページの先頭へ