テレワーク導入などによって機密情報を持ち出し外出先で利用する場合の最適解を探る

PCの紛失や盗難に備える低コストで手軽、確実な情報漏えい対策とは

PCの紛失や盗難のリスクは、外出先でPCを利用する場合に避けて通ることができない。この万が一のリスクに備え、機密情報を保護しながら外出先でPCを安全に利用する方法に迫る。

近年、テレワーク導入などによってワークスタイルが変化し、PCを持ち出すケースが増えた。テレワークでは在宅勤務やモバイルワーク、サテライトオフィス勤務などの形態があるが、いずれも社内と同様なセキュリティ対策が施され、機密情報を安全に利用できる環境が求められる。また、PCを持ち出す以上、盗難や紛失というリスクは残るため、それを想定した情報漏えいの防止対策を施しておく必要もある。

これらの対策として「仮想デスクトップ(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)」や「シンクライアントシステム」などがあるが、大規模な設備投資が必要で小規模導入には向かない。

低コストな対策として「暗号化」がある。しかし、暗号化した情報の復号に使用する鍵の管理やパスワードの管理といった煩雑な作業が必要となる。加えて、PCの盗難や紛失が発生した場合、暗号化しているとはいえ、機密情報そのものを失ってしまったことに変わりなく、仮に鍵やパスワードを解読されてしまえば機密情報が漏えいしてしまう。つまり、既存の暗号化では、盗難や紛失に対する情報漏えいのリスクを完全には排除できないのだ。

続きは、フォームに必要事項をご記入いただき資料をダウンロードしてお読みください。

ページの先頭へ