独自のノウハウでソースコードの問題を可視化

特長

独自のノウハウでソースコードの問題を可視化

Agile⁺ Reliefでは、品質向上、アジリティ向上を実現するために、富士通の独自ノウハウのほか、各種コーディングガイドラインの適合性チェックを実施する「ソースコード欠陥の検出」と、その検出結果から各種メトリクスを測定・集計する「品質データ可視化」の2つの機能を提供します。

独自のノウハウでソースコードの問題を可視化

迅速なソースコード修正

新規に検出された指摘のみを表示
ソースコード欠陥の検出時に、過去に検出された結果を非表示にすることが可能なため、ソースコード修正により新たに検出された指摘のみを表示します。

新規に検出された指摘のみを表示

異常を早期に検知

現時点の状態を各種特性別に表現
ソースコード欠陥の検出結果を各種品質特性別に集計し、グラフ化・一覧化することで、傾向を明確にします。

  • 品質特性:機能性、信頼性、使用性、保守性、移植性、効率性
  • 問題特性:性能劣化、移植・環境問題、保守性低下など
  • 文法特性:宣言・定義、例外処理、スタイルなど

問題特性の適用ルール分布

問題/課題に気づきやすい遷移表
常に変化するメトリクスを日々や週ごとの遷移で見える化します。
プロジェクト単位やソースコード単位の遷移を見ることで、「いつもと違う状態」「問題が発生する可能性が高まる状態」に気づくことが可能です。

プロジェクトごとの遷移とソースコードごとの遷移

当社にお任せください

  • お客様の案件やご相談を元に、適切なメニューを提案します。
    どのようなご相談も、お気軽にお問い合わせください。

    例)・どんな事例があるのか?同じ業種の事例はあるのか?
    ・現在抱えている課題は解決できるのか?
    ・どのくらいの期間、費用が必要なのか?

このページに記載されている各社名および製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。

Agile⁺ Reliefに関するお問い合わせ・ご相談

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

    • img1
    • img2
    • img3
    • img4
ページの先頭へ