GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 事業内容 >
  3. セキュリティ

セキュリティ

どんな脅威からも守り抜く「安心安全」なセキュリティ

IoTやAIなどを活用したビジネスシーンが急増する中、情報セキュリティは、もっとも優先させるべき課題と言っても過言ではありません。
ランサムウェアやIoTデバイスに感染するマルウェアなど次々と現れる新しい脅威に対してお客様の資産を守る。
そのために、ウイルス対策、アクセス制御、改ざん検知、ID管理・認証など、様々なセキュリティソリューションを用いた「安心安全」なシステムを実現します。

お客様ビジネスを守り抜くセキュリティを。

セキュリティ 社員

谷村 拓哉

心通わす対話、そして先進の技術でお客様の希望を叶える。

セキュリティ 社員

福田 真弓

お客様の情報資産を守ることは、お客様の会社、そして未来を守ること。だからこそ、お客様と対話することでニーズや不安を徹底的に洗い出し、お客様の要望に沿った最適かつ強固なセキュリティシステムを実現します。
また、既存のセキュリティ対策に加え、日々拡大・多様化するセキュリティ脅威に対し、AI・分析技術などを融合した次世代のセキュリティソリューションを提供していく必要があると考えています。


適用事例・適用例

1. アドオン型SSOシステムを活用した短期間でのSSO環境構築

利便性向上と適切なアクセス権付与のため、SSOを導入。代理認証方式のアドオン型SSO(AuthONE)の採用により、既存の業務サーバの修正を一切実施せず。一般的なSSO導入期間(約6ヶ月)に対し50%の短縮(約3カ月)を実現。

SSO環境構築

拡大イメージ (88 KB)

2. ブラウザの利便性を向上させた「インターネット環境分離システム」構築

社外Webアクセス環境と社内業務システム環境をファイアーウォールで切り離し、情報漏えいのリスクを軽減する「インターネット環境分離システム(注)」を構築。 さらに、URLに応じたブラウザを自動的に起動することで利用者の利便性を向上。

注:インターネット環境分離システム:総務省が「自治体情報システム強靱性向上モデル」として示す環境。社外Webアクセス環境と社内業務システム環境をファイアーウォールで論理的に分離することで、社外のWebサイトからのウイルス 感染リスクを排除するシステム。

インターネット環境分離

拡大イメージ (97 KB)


特長

60名以上のセキュリティ資格者による約2,000社の構築実績

CISSP, ISV認定資格(Citrix Certified Professional, VMware Certified Professional, MCSD), 情報セキュリティスペシャリスト、富士通セキュリティマイスター等のセキュリティ資格者が、豊富な構築実績を活かし、コンサルティングから設計・構築まで対応します。

自社製品や様々なISV製品の活用で最適なセキュリティシステムのインテグレーション

自社製品や様々なISV製品の中から、お客様システム環境に最適なセキュリティ要件を実現する製品を選定し、インテグレーションします。

自社製品や様々なISV製品を活用し、
お客様のセキュリティ要件に最適なシステムをインテグレーション

セキュリティの特長


主なサービス

  • コンサルティング・アセスメント
  • 本人認証
  • 認証基盤構築
  • インフラ保護
  • 入口対策
  • 出口(内部)対策

主な活用製品

本人認証 AuthBIND Matrix Authentication
・Secure Login Box 
SECUREMATRIX for AuthBIND Matrix Authentication WEB
・SmartAccess
統合ID管理 CA Privileged Identity Manager
・CA IdentityMinder
・Novell® Identity Manager
EXGEN LDAP Manager®
・Microsoft® Identity Manager
・OpenIDM
・Oracle® Identity Management
シングルサインオン
(システム間認証連携含む)
AuthONE
・CA SiteMinder
・CA SiteMinder Federation 
・Entrust® GetAccess
・OpenAM
・Oracle® Access Manager 
ディレクトリ ・OpenLDAP
・Microsoft® Active Directory®
・Oracle® Directory Server
・Oracl®e Virtual Directory
アクセス制御・証跡取得 CA Privileged Identity Manager
・SHieldWARE
・SHieldWARE® NE
情報漏えい・脆弱性・ウイルス対策等 ・Trend Micro® ウイルスバスターCorp®
・Trend Micro® ServerProtect
Trend Micro® Deep Security™
・McAfee® Endpoint Protection
・Symantec™ Endpoint Protection
・Symantec™ Data Loss Privention
・WSUS ・VMware NSX® 
ウイルス対策・ファイアーウォール Trend Micro® Deep Security™
・Palo Alto
統合ログ管理 ・Systemwalker Centric Manager
・Splunk® 
攻撃防御 ・Citrix Net Scaler
アクセス監視・ふるまい検知 ・Symantec™ DLP
・FFR yarai
データ保護・シンクライアント ・VMware Horizon®
・Microsoft® VDI
・Citrix XenApp
・Citrix XenDesktop
AuthBrowserSwitch
Portshutter Premium
分散型ファイアーウォール ・VMware NSX for vSphere®
データ無効化 ・Citrix XenMobile
・Citrix ShareFile
・PASERI
・FinalCode®
お問い合わせフォーム

 


このページに記載されている製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。